未来を担う子どもたちの教育環境の充実を支援する「次世代支援プロジェクト 放課後ひろば」の一環で、東北電力㈱岩手支店が企画。

  軽快なリズムを奏でるメンバー

ジェンベ(打楽器)やブブゼラ(縦笛)などアフリカの伝統楽器を使った5曲が披露されたほか、演奏体験も行なわれました。

  児童はジェンベの演奏も体験

演奏体験では、メンバーが奏でる軽快なリズム合わせ児童がジェンベを演奏。

  一緒にダンス!

最後は一緒にダンスを踊るなどして、全身で音楽を楽しみました。

畑山太亮君(はたやま・たいすけ、6年)は「アフリカの明るいリズムが楽しかった。学校で薬研太鼓に取り組んでいるので、今回学んだリズム感を生かしてみたいです」と満喫していました。