市内11校から参加した430人は楽器演奏や合唱などを披露し、

会場にはにぎやかな音色と透き通るような歌声が響き渡りました。

 

発表会は、音楽を通じた情操教育と市内小学校間の交流が目的で毎年開催。

児童は、各校でこの日に向けて練習に励んできた2曲をそれぞれ発表したほか、

他校のステージを鑑賞し、音楽の魅力に理解を深めました。

千葉遼人君(ちば・りょうと、遠野小4年)は「発声とリズムに気を付けながら上手に発表できました。他の学校のきれいな歌声にも引き込まれました」と笑顔で感想を話してくれました。