お客様に「自慢の一品」を薦める生徒たち  

「緑屋」は販売計画を自分で立て、業者との仕入れ交渉から販売までの流れを体験

させる同校の取り組み。情報処理科の2年生26人は、東北5県の特産物を一人一品

ずつ選び、製造元から取り寄せて販売しました。期間中に売り切れて再入荷した商品

もあるほど売れ行きは好調で、生徒たちは商売の楽しさを実感していました。小松千

尋さんは「自分が選んだ商品をお客様に買ってもらえることは貴重な体験だと思いま

す。接客には苦手な意識がありましたが、体験を通じて接客の楽しさも学ぶことがで

きました」と自らの成長を喜んでいました。

 

リンゴ製菓や、黒豆クッキー、ラスク、パイ、ラーメンなど、各地のさまざまな特産品が勢ぞろい!

 

13日正午時点であと一つ!完売までもう一歩! こちらは好評につき再入荷した「十和田リング」