㊧後列7人が表敬訪問したボランティア ㊨うち3人が遠野に滞在。左からアサさん、ウゴチュクさん、エデンさん

ボランティア活動は、市内で地域振興活動などを展開するJOCA(青年海外協力協会)

とアフリカ連合の合同事業で、今回で2回目。9月30日には、本市や釜石などでボラン

ティア活動するにあたり、日本語学習などで本市に滞在するため、とぴあ庁舎へ表敬

訪問しました。訪問した7人のうち3人は本市に滞在。それぞれ市教育文化振興財団

(2人)と市観光協会(1人)にボランティアとして所属し、小中学生との交流や英語学習

のサポート、外国人向けの観光情報の発信などの活動をします。教育文化振興財団で活

動するウゴチュクさん(31歳、ナイジェリア)は「遠野は町並みや文化が整っている雰囲

気があり、全体的にきれいな印象を受けた。小中学生や高校生の英会話のサポートなど

で交流しながら、アフリカのことも知ってもらえるきっかけにしたい」と今後の生活に

胸を弾ませていました。

  

9月28日には上郷町の廻立地区で初めて稲刈りを体験。慣れない作業にも笑顔で取り組んでいました。