訪れた市民ら900人は、同隊による息の合った美しいハーモニーを堪能し、復興への思いを一つにしました。

  

歌劇「オベロン」序曲や安部光俊の「遠野物語」のほか、復興を願う曲「祈り~A Prayer for Higashi Nihon」などアンコールを含めて15曲を披露。

 

市消防団ラッパ隊も特別出演し自衛隊歌「この国は」で共演しました。

海上自衛隊に6隊ある音楽隊の中でも最高峰の演奏が堂々と披露されると、会場からは盛んに拍手が送られました。

鍋割啓吾さん(75)=松崎町=は「迫力ある演奏を聴くことができ、勇気をもらった。自分もできる限りの支援をし、被災地の復興を後押ししたい」と感激した様子でした。