国道340号整備促進期成同盟会総会

 

6月24日(月)、八戸市・陸前高田市・宮古市・住田町・岩泉町・葛巻町・軽米町・九戸村・遠野市が加入する国道340号整備促進期成同盟会総会に出席しました。東日本大震災からの復興、少子高齢化への対策等、私たちが住む地域には大きな課題がいくつもあります。復興の加速と交流人口の拡大による地域活性化には安心安全な道路が不可欠です。

 

 

天皇皇后両陛下の被災地慰問の宮内庁発表を受けて(平成25年6月20日)

 

大変な激務の中、7月4日、天皇皇后両陛下にお立ち寄りいただけることになりました。被災者の方々はもちろん、後方支援活動に取り組んでいる方々にとって、大変心強い限りであります。市民の皆さまと共に、心からお待ち申し上げます。

 

 

沿岸地区消防救助技術錬成会

 

6月17日(月)、遠野市総合防災センターにおいて釜石大槌・大船渡・陸前高田・遠野の4消防本部が集い地域を越え共に励み、共に高め合う錬成会が開催されました。市町村間の水平連携が地域の安心安全を守る重要な鍵となります。

 

東北横断自動車道釜石秋田線遠野住田~遠野間起工式

 

6月16日(日)、東北横断自動車道釜石秋田線の遠野住田~遠野間起工式に出席しました。東北横断自動車道釜石秋田線は、8年以内の全線開通を目指しています。沿岸地域の復興と地域の活性化を力強く後押しする道路です。地域振興の活力を生み出すネットワークとして早期に完成されることを心から望みます。

 

 

市議会6月定例会

 

6月14日(金)、今年度の市議会6月定例会が本日終了しました。今回の補正額は1億6千万円です。中学校の跡地利用、道の駅の防災機能強化等、待った無しの市政課題に的確に対応するための補正予算措置が議会で承認されました。

 

伝承園200万人達成セレモニー

 

6月8日(土)、伝承園で入場者200万人達成セレモニーが開催されました。昭和59年6月に開園し29年目の200万人達成です。市内外から多くの方々が訪れてくださっている伝承園。今後はさらに発信力を磨き遠野の誇るべき自然・歴史・文化・風土を全国に発信していきたいと思います。

 

遠野スタイルによる庁舎機能のあり方を語る市民懇話会

 

5月27日(月)、遠野スタイルによる庁舎機能のあり方を語る市民懇話会が開催されました。平成24年5月から検討を進めてきた内容が、今回提言書として遠野市に対して提出いただきました。提言書の内容は、①庁舎を整備する場所は、中心市街地が望ましい、②庁舎機能は集約することが望ましいというものでした。今後、進化まちづくり検証委員会で検証を行い、利便性が良く市民の皆様に喜ばれる庁舎整備に向け準備を進めて参ります。

遠野市消防演習

 

5月26日(日)、多くの消防団員・婦人消防協力隊の皆さんに参加いただき、消防演習を開催しました。平成25年度は自治体消防発足65周年、消防団の前身である消防組がはじまって120年目の年。長い歴史と脈々と受け継がれてきた地域への思いが、今日の消防団を形成しています。きめ細かな消防団のネットワークがあってこそ地域の安全は守られております。

それにしても、ラッパ隊のドリル演奏は見事でした。

 

第21回東北道の駅連絡会総会

 

5月24日(金)、仙台で第21回東北道の駅連絡会総会を開催しました。①休憩機能、②情報発信機能、③地域の連携機能、そして④防災拠点機能の4つ機能を有する道の駅は、地域の重要な公共施設としてますます注目されています。地元との連携、道の駅同士のネットワークを大切にして地域活性化の拠点として地域の皆様とともに道の駅をさらに元気にしていきたいと思います。

 

遠野市立博物館入館者200万人達成記念

 

5月18日(土)、遠野の歴史と文化を伝える博物館の来場者が200万人を突破しました。200万人目は、北九州市からお越しくださった野中さん。今回念願の遠野観光の際に立ち寄ったとのこと。遠く離れた九州との縁、巡り合わせを感じる200万人達成セレモニーとなりました。

 

 

第162回東北市長会

 

5月17日(金)、仙台で第162回東北市長会総会が開催されました。東北各市から出された議案は、6月上旬の全国市長会に提出され国への要望となります。当市から提出した「大規模災害時における自治体間等の連携強化に係る、責任・権限・財源の制度設計」の要望も東北市長会を経て全国市長会に提出されることとなりました。

 

 

遠野市区長連絡協議会総会・環境整備協力会総会・公衆衛生組合連合会総会

 

5月14日(水)、あえりあ遠野で遠野市区長連絡協議会総会・環境整備協力会総会・公衆衛生組合連合会総会が開催されました。行政区をはじめとする地域のネットワークの再構築を図らなければなりません。「次の世代に自慢できる遠野市」を築くためには地域のネットワークの再構築が必要不可欠です。

 

 

東北横断自動車道釜石秋田線・花巻間建設促進期成同盟会総会

 

5月10日(金)、あえりあ遠野を会場に県、釜石市、花巻市、奥州市、住田町、遠野市の市町関係者が集い東北横断自動車道釜石秋田線の釜石・花巻間建設促進期成同盟会が開催されました。復興を力強く支える東北横断自動車道釜石秋田線は「命をつなぐ道」でもあります。早期全線開通を!!

 

市内教育・保育施設現地視察

 

5月7~9日、市内小中学校及び保育施設の現地視察を行いました。安全対策等の課題を確認しました。将来を担う子ども達が元気いっぱい健やかに成長できる環境を提供することはもっとも重要な市政の1つです。少子化が加速的に進んでいます。時代の流れと共に子ども達を取り巻く環境も変化してきております。子ども達の笑顔あふれる毎日を守るために時代に沿った対策を打っていかなければなりません。

 

 

 

遠野さくらまつり「南部氏遠野入部行列」 

 

5月3日(日)、昨年は残念ながら雨で中止となった入部行列、今年は天候に恵まれ開催することができました。毎年お越しくださっている八戸の皆さんをはじめ、今年はJOCAのアフリカボランティアの方々にも参加いただき市民の方々と共につくった入部行列。みなさんの協力により地域と地域、そして国を超えた交流を行うことができました。歴史的な繋がり、そして新たな繋がり。人と人が繋がることで活気が生まれることを改めて感じる春の一日となりました。

遠野ICT健康塾「健康づくり参加者の集い」

 

4月28日(日)、たかむろ水光園を会場に遠野ICT健康塾「健康づくり参加者の集い」が開催され出席しました。今回の集いには当市のICT事業に携わっていただいている榊原記念病院の細田瑳一先生にご講演いただきました。医師不足や医療過疎の解決策が求められている今、遠野ICT健康塾は、自分達にできることからはじめることで健康寿命を延ばそうという取り組みです。自分達の健康を地域の方々と共に積極的に高め合える環境を整えていくことが医療過疎に立ち向かう一つの方法だと考えます。

 

 

とおの物語の館オープン式典

 

4月27日(土)、長く親しまれた「とおの昔話村」が「とおの物語の館」として全面リニューアルオープンしました。遠野に脈々と受け継がれたとおの物語を光と音で感じていただける場所として再整備しました。観光で訪れた方々にも市民の皆様にも親しんでいただきたいと思います。古くて新しいものは決してさびれることなく光輝きます。是非来場いただき遠野の空気を感じ、遠野時間をのんびりとお過ごしください。

 

キリン一番搾りガーデン東京オープン ホップ植栽祭

 

4月24日(水)、東京都虎ノ門で行われた「キリン一番搾りガーデン東京」のオープニングイベントに出席しました。今回のイベントでは遠野産ホップによるビール生産を通した絆の証としてホップの植栽に参加しました。ホップ生産とビール生産に係わる多くの関係者の方々の努力と絆によって催されたイベントでした。会場には「キリン一番搾りガーデン東京」の名誉店長となった蒼井優さんが出席しており、「カッパ捕獲許可証」プレゼントしたところ大変喜んでいただきました。遠野のファンになっていただければ大変うれしく思います。

 

遠野⇔調布交流会

 

4月20日(土)、東京都調布市で開催された交流会に参加しました。長友調布市長ほか約170名が出席。調布市が東日本大震災による沿岸地域の復興支援活動を遠野市を拠点に取り組んできたことから、両市の絆がより深くなるよう開催された交流会です。ボランティア活動報告や、受け入れた遠野13区のボランティア受入報告の紹介が行われ、素晴らしい交流会でした。

 

 

富士ゼロックス㈱新社員研修

 

4月17~18日、あえりあ遠野で富士ゼロックスの新入社員260名の方々に「現場主義から見た地域経営」という内容で講演を行いました。自治体が企業の研修を大規模に受け入れることは全国でも稀なことではないでしょうか。講演では、当市が行った東日本大震災での沿岸被災地後方支援と遠野のまちづくりを紹介しました。今回の研修をヒントに知識だけではなく地域を思う感覚、センスといったものを身に着けていただければと思います。

 

 

 

遠野市校長会定期総会

 

4月12日(金)、市内小中学校の校長が集う校長会定期総会に出席しました。挨拶の時間をいただき校長の皆様に遠野の子ども達を育てるうえで3つのお願いをしました。①子ども達がのびのび成長できる教育環境の提供。②生きる力として真の学力向上。③遠野が誇る伝統芸能の継承。子ども達は遠野の宝であり、将来の希望です。学校を中心に地域の方々とともに育てていかなければなりません。

 

 

 

 

平成25年第2回岩手県市長会

 

4月9日(火)、盛岡で開催された第2回岩手県市長会に出席しました。東日本大震災からの早期復興と放射線影響対策、そして国際リニアコライダーの誘致といわて国体について議論しました。どの課題も1市だけでは解決できない課題です。基礎自治体同士お互いの特性を生かし協力し合い広域で将来のビジョンを模索し連携する必要があります。

 

 

 

新設中学校3校開校式・入学式 

4月5~6日、新設中学校3校の開校式と入学式が行われました。新設中学校3校の新たな出発です。多くの友達と勉学にスポーツに励み切磋琢磨し逞しく成長してください。

 

 

総合食育センター開所式

4月3日(水)、総合食育センターの開所式を行いました。遠野市の次世代を担う子ども達を、遠野市の豊かな自然が育む美味しい地場産品で元気に育てる、それが総合食育センターです。また福祉配食機能と災害時の炊き出し機能を集約し、20年30年後も市民の皆様のために稼働する食育センターとなっています。

 

 

平成25年度辞令交付式 

4月1日(月)、平成25年度の辞令交付を行いました。今年度は一般職員8人、保健師1人、消防職員4人、合わせて13人の新たな仲間が加わりました。挑戦すべき課題は山積しています。「スピード・タイミング・バランス・ネットワーク」を意識し職員一丸となり、市民とともに今年度も前進しましょう!