今年の4月に実施される中学再編成に伴い、同校での立志式は今回が最後。

菊池福盛校長は「皆さんは4月から、新設される遠野東中の最初の3年生として新たな歴史を作り上げる立場となる。自分の将来と新たな学校での目標をしっかり持つことが大切」と激励しました。

 

生徒はこれまでの自分を振り返るとともに、夢や目標を実現するために日常生活や学校生活でどのように行動していくかなどについてそれぞれ発表。

その後、これまで育ててくれたことに感謝の気持ちを込め、立志書を保護者に手渡しました。

 

菊池亜美紗さんは「中学校生活では、最後まで諦めずさまざまなことに挑戦していきたい。周りの人への気づかいを忘れず、思いやりのある大人になります」と宣言。

亜美佐さんの母親の久美子(47)さんは「立志書を読み上げる姿を見て、子どもの成長を実感させられました。周りの人を助けられられるような大人になってもらいたいです」と顔をほころばせました。