本田市長からの記念品を受け取るセツさん

 本田敏秋遠野市長は「これからも元気に過ごしてください」と記念品と花束

を贈呈。孫の佐々木光琉ちゃんと佐々木晴琉君からは「セツばあちゃん100歳

おめでとう。これからもよろしくね」と、お祝いの言葉と花束が贈られました。

このほか施設職員による祝いの舞も披露され、セツさんはにっこり。

 セツさんは1913年2月10日土淵町生まれ。19歳の時に松崎町の池田長八さ

ん(故人)と結婚し、家業の農業をしながら5人の子どもを育てました。

孫13人、ひ孫15人、やしゃご6人に恵まれ、現在は長寿の郷で、テレビを見たり、

景色を眺めたりしながらゆったり過ごしています。

  

やしゃごの光琉ちゃんと晴琉君から花束    長寿の郷職員による祝いの舞

が贈られました