今作で初めて演出を手掛ける新田光志さんの指導のもと、キャストは本番さながらの緊張した面持ちで通し稽古を行い動作や立ち位置などを一つ一つ確認。

また、大道具や小道具、音響などの裏方スタッフは、今後の本格的な制作開始に備え全2幕15場のイメージを膨らませました。

 演出を務める新田さん

 一連の流れを確認するキャスト

 

  迫真の演技が仕上がりの良さをうかがわせます

  

 

新田さんは「セリフが体に染み込み、キャストの役づくりは順調。裏方スタッフとも連携し、役の魅力を引き出す演出を心掛けたい」と意気込みました。

 

松崎町の高清水を舞台に「ぼんず」と遠野の妖怪たちとの心温まる友情を描く今作。

クライマックスは涙無くして観られません!

 みんな観に来てね~

チケット好評発売中。買い求めはお早めに!

詳細はこちら⇒第38回公演のお知らせ