退職者辞令交付式

 

3月29日(金)、長年市政発展のために多くの課題に立ち向かっていただいた方々19名に退職の辞令交付を行いました。ともに戦った仲間への退職辞令交付はさびしさを拭えませんが、是非退職後も地域のため遠野市のためにご支援いただきたいと思います。

 

市内中学校閉校式

 3月22~24日、市内の中学校8校で閉校式を開催しました。式典では各地域の校歌をそれぞれの思い出を胸に参加者みんなで合唱しました。市内8校は閉校となりますが新たな3校に受け継がれ遠野の将来を担う子ども達を育み続けます。

 

 

 

遠野市災害支援協定

 3月17日(日)、総合防災センターで市内の企業・医療福祉17団体に参加いただき遠野市災害支援協定を締結しました。官民一体でお互いの特性を生かし合い安心安全のまちづくりをさらに強固なものと致します。

 

平成25年3月遠野市市議会定例会

 3月1日(金)平成25年3月市議会定例会において平成25年度の市政方針演述を行いました。平成25年度の当初予算は「託された責任を未来につなぐ予算」(将来を見据えた緊縮予算)として181億2,300万円となりました。厳しさを増す地域経営ですが「遠野さしさ」「遠野のぬくもり」を大切にして地域の皆様とともに前へ前へ進んでまいります。

(H25.3.1)

 

遠野物語ファンタジー来場者9万人達成

 2月24日(日)第38回遠野物語ファンタジーを鑑賞しました。今回の講演で来場者数が9万人を越え記念セレモニーを行いました。出演者や関係者、そして市民の皆様に支えられて達成した「来場者90,000人」です。

(H25.2.24)

 

NHK「視点論点」

 2月15日(金)NHK「視点論点」の収録を行いました。東日本大震災の後方支援活動において当市は多くの自治体から支援をいただき支援活動を継続することができました。その教訓から番組内で広域災害発生時の自治体間水平連携を円滑に機能させるための「責任・権限・財源」の必要性を提案しました。広域災害時何より大切なことはお互い支え合うことです。

(H25.2.15)

 

遠野市区長連絡協議会主催「市長との懇談会」

 2月12日(火)遠野市区長連絡協議会主催による懇談会に出席しました。地域の方々とともに課題に立ち向かうことで解決策を探っていきたいと思います。

(H25.2.12)

 

いわて東北メディカル・メガバンク機構発足記念シンポジウム

 2月2日(土)岩手医科大学矢巾キャンパスで「いわて東北メディカル・メガバンク機構発足記念シンポジウム」が開催され出席しました。東日本大震災からの復興に「医療の復興」が必要不可欠であることを改めて実感しました。

(H25.2.2)

 

 

高橋洋介氏顕彰碑除幕式

 1月26日(土)沖縄県石垣島で開催された元岩手県副知事の故高橋洋介氏と元農業改良普及員の故菅原邦典氏の業績を記念する顕彰碑除幕式に出席しました。平成5年の大冷害の際に岩手から沖縄に種もみを運び水稲種もみ緊急増殖事業の業績を讃える者です。岩手県を救ったという石垣市民の誇りと20年間受け継がれてきた岩手と沖縄の絆を感じる式典でした。

(H25.1.26)

 

SL停車場プロジェクト推進本部設立会議

 1月15日(火)今年の暮れのJR釜石線のSL運行に備え、関係者に出席していただきSL停車場プロジェクト推進本部会設立会議を開催しました。盛岡ー花巻ー宮守ー遠野ー上有住ー釜石をつなぐ釜石線をSLが運行します。内陸と沿岸を結ぶ当企画と連携を図り、復興支援と地域振興に繋げられるよう準備を進めてまいります。

(H25.1.15)

 

 

遠野市交通指導隊・防犯隊初点検式

 1月14日(月)今年度の初点検式を市交通指導隊と市防犯隊の方々と行いました。交通安全活動も防犯活動も日頃つい忘れがちになってしまうことがあります。隊員の皆様を中心に地域でのきめ細かな活動が効果を発揮します。隊員の皆さんの日頃の活動に感謝し、地域ぐるみでの活動を今後も行っていただくようお願いしました。

(H25.1.14)

 

 

 

2013 成人式「はたちのつどい」

 1月13日(日)市民センター大ホールを会場に「はたちのつどい」を開催しました。市内はもとより県内県外から集まっていただいた「はたち」の若者たちに向けてメッセージを伝えました。高校卒業の時に東日本大震災を経験した世代です。ボランティアや支援活動にも積極的に参加してくれた青年達です。言葉では言い尽くせない被害をもたらした大震災から彼ら彼女らはとても大きな大切なものを学んだはずです。これからの時代を支える世代です。助け合う大切さ・感謝することの大切さを胸に力強く社会に漕ぎ出していってください。皆さんを応援しています。

(H25.1.13)

 

 

 

遠野市消防出初式

 1月13日(日)本年も消防出初式を消防団の皆様とともに開催しました。今年は雪が積もっていたものの穏やかな天候に恵まれました。多くの来賓の皆様をはじめ、消防団員500名、婦人消防協力隊85名に参加いただきました。遠野市の防災啓発のために休日にも関わらず参加いただきありがとうございます。災害はいつどこで発生するか分かりませんが市民の皆様と行政が協力しネットワークを築くことで迅速な対応を可能にします。今年も遠野市の3万市民をともに守るという使命を参加者の皆様と確認することができました。

(H25.1.13)

 

 

 

中学生海外派遣交流事業結団式 

 1月7日(月)米国のチャタヌーガ市に派遣される中学生の結団式が行われました。派遣される市内の中学2年生9人には、失敗を恐れず積極的に交流し目と耳であらゆることを感じ取ってきてほしいと話しました。平成25年度は新たな中学校3校がスタートする年です。海外研修でも日常生活でも常に前向きな姿勢で学び将来遠野を担い、そして世界に羽ばたけるよう逞しく育ってほしいものです。

(H25.1.7)

 

 

遠野市民新年交賀会

 1月5日(土)本年も市民の皆様をはじめ多くの関係者にお集まりいただき新年交賀会を開催することができました。開会後には市内9校のそれぞれの生徒の代表から今年3校に統合することへの決意を述べていただきました。各中学校の代表生徒9人ともに明るく逞しく素晴らしい発表でした。遠野市の将来を担う子ども達の発表を聞き、中学校再編を市民の皆様と一丸となり成功させなければならないという気持ちを新たにしました。昨年は東北横断自動車道が宮守まで開通し「総合防災センター」が完成しました。駅前も整い、中心市街地には「文化研究センター」「わらすっ子支援センター」「食事処伊藤家」がオープンしました。本年はいよいよ中学校3校が新たなスタートを切り、「総合食育センター」「とおの物語の館(やかた)」が整備されます。来冬にはJR釜石線をSLが定期運行する予定です。復興支援道路としての東北横断自動車道や釜石線のSL運行を沿岸地域の復興と当市の活性化に結び付けるために市民の皆様とともに地域づくりを推進してまいります。昨年にも増して遠野市を前進させてまいりますので、市民の皆様のご指導ご協力を本年もよろしくお願いいたします。

(H25.1.5)

 

 

 

 

2013 仕事始めの式 

 1月4日(金)平成25年がスタートしました。各庁舎をまわり職員や関係団体に対して仕事始めの訓示を行いました。今年、各職員に頑張っていただきたいキーワードとして①スピード、②タイミング、③バランス、④ネットワーク以上4つを大切にしていただきたいと話しました。時期を逸せず迅速かつ丁寧に、連携を大切にしてバランス感覚も磨いてほしいという思いを込めています。市政課題は文字通り山積しております。しかし不満や不安を口にしても前には進めません。多くの課題を乗り越えていくためにも「どうにかするぞ!」という前向きな姿勢で本年も市民の皆様と一緒に前へ前へ市政課題に挑んでまいります。

(H25.1.4)