訪れた静岡県支部地域赤十字奉仕団20人は、遠野市赤十字奉仕団と情報交換などを行ったほか、
仮設住宅や総合防災センターなどを視察。
情報交換会では遠野市赤十字奉仕団委員長の海老糸子さんが、沿岸被災地での炊き出しや「負け
ないゾウ」づくりなどの支援活動を報告。
 
海老さんは「負けないゾウ」づくりを紹介し、実際に負けないゾウを回覧しました。静岡県の奉仕
団の皆さんはよく観察するなどして、支援活動に理解を深めました。
 
 
静岡県支部地域奉仕団からは、ボランティアの受け入れ体制などについて積極的に質問が寄せられま
した。同団委員長の鈴木節子さんは「実際の支援体験のお話はとても勉強になりました。私たちが住
む静岡県には東南海地震の発生が予想されており、その被害に備え現在、世代を超えて課題を共有し、
訓練を実施しています。もしものときは今回学んだことをしっかり生かしたいです」と気を引き締めて
いました。