江戸時代初期、遠野南部家の殿様の上洛に従っていた角助が、掛川の秋祭りで見た踊りを伝えたとされている駒木鹿子踊り。

その縁から、掛川市との交流が始まり、これまで4度同市を訪れ舞を披露してきました。

今回は、昨年の5月に復興支援で同市の市長が本市を訪問したことが契機となり、出演が決定しました。

出発を前の11月12日、駒木鹿子踊り保存会の奥田満会長ら3人は、とぴあ庁舎で本田市長を表敬訪問。

 

奥田会長は「縁のある掛川市で踊ることができて嬉しい。駒木鹿子踊りを全国に発信したい」と決意を述べました。