あえりあ遠野の4階客室から出火したとの想定で行ない、従業員らは初期消火や宿泊客の避難誘導の方法を確認しました。

 

今回の訓練には、遠野消防署と市消防団も参加。

来内川から給水し放水するまでの一連の動作を連携して行い、実践的な訓練を展開しました。

 

菊池茂遠野消防署長は「避難完了まで時間がかかったが、マニュアルに沿って行動していて良かった。日頃から訓練に励み、有事に備えてもらいたい」と講評。

また、一日消防署長を務めた菊池愛利子さん(小友中2年)は訓練の開始と終了の号令を行ない、訓練の重要性と防火意識の徹底を訴えました。