地域住民や遠野警察署の職員らが乗用馬にまたがり、交通安全を訴えながら行進。

一行は「全てにおいてスピードが求められる時代ですが、馬の足並みのようにのんびり、ゆったりと余裕をもって運転しましょう」と呼びかけていました。

世直し旅の途中の黄門様に扮した金浜剛三さん(上郷町)は「交通安全」のお札を掲げ、地域住民らにPR。

一日駐在所長を務めた金浜両太郎君(上郷小6)は「 上郷を事故の無い平和な地域にするため、これからも交通安全を呼びかけていきたいです」と決意しました。