平成21年1月16日、遠野健康福祉の里で行われた第5回検討会では、5人の委員と、オブザーバーとして市内で子育て支援に取り組んでいる団体や機関の代表、そして市の関係課長等が出席し、協議が行われました。

 はじめに、市内全小・中・高校の児童生徒の代表や地域で活動している18団体を対象に、昨年の10月から1月まで実施した条例素案についての意見・提言の集約結果について、事務局から報告がありました。
 内容について委員からは、「各方面から様々な生きた意見をいただくことができ、条例案づくりにたいへん参考になった」という意見が出されました。

 その後、児童生徒や地域住民等からの意見・提言を反映させるよう、条例素案の修正について協議が行われました。
 内容について、条文ごとに慎重な議論が行われましたが、特にも、遠野市の全ての大人に共通する責務について、各委員だけでなくオブサーバーからも積極的な意見が出されました。

 今回の検討会で、「遠野市わらすっこ条例(仮称)検討会の条例案」がまとまり、次回の検討会で、市長に対し報告することにしました。 

第5回遠野市わらすっこ条例(仮称)検討会次第 [78KB pdfファイル]
【資料№1】条例素案に対する意見等の集約結果について [351KB pdfファイル]
【資料№2】遠野市わらすっこ条例(仮称)素案の修正について [237KB pdfファイル]

 

 

Adobe Readerのダウンロード
上記ファイルはPDFファイルです。ご覧いただく場合は、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。