遠野市では、平成20年2月に、遠野市少子化対策・子育て総合支援計画(通称:遠野わらすっこプラン)を策定し、子どもと子育て家庭を総合的に支援するための取組みを推進しています。

 遠野わらすっこプランの推進、そして、行政・家庭・地域・企業が連携して、社会全体で子ども達を支援する体制づくりの実現に向け、子どもの権利の保障などをうたった「遠野わらすっこ条例(仮称)」を制定することにし、条例制定に向け、市民から助言・提言をいただくために、「遠野市わらすっこ条例(仮称)検討会」を設置し、5名の市民の方に委員として委嘱しました。

 平成20年8月8日に行われた第1回検討会では、委員長と副委員長の互選が行われ、委員長に藤澤俊明氏、副委員長に須藤義幸氏が選任されました。
 その後、条例の制定に向け、趣旨や今後の予定について、活発な議論が交わされました。

 検討会については、今後5回程度実施するとともに、市民フォーラムの実施や、条例について子ども達から直接意見を聴取する機会等を踏まえ、平成20年度中の条例制定を目指します。

第1回遠野市わらすっこ条例(仮称)検討会次第 [28KB pdfファイル]
【資料№1】遠野市わらすっこ条例(仮称)検討会設置要綱 [10KB pdfファイル]
【資料№2】条例制定の趣旨について [15KB pdfファイル]
【資料№4】今後の予定について [28KB pdfファイル]
【資料№5】条例に盛り込む内容(参考)について [45KB pdfファイル]


Adobe Readerのダウンロード
上記ファイルはPDFファイルです。ご覧いただく場合は、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。