ごあいさつ

 

 遠野市へ多くのご寄附と温かい応援をいただき、誠にありがとうございました。

 「ふるさと遠野」の自然、風土、景観、文化、そして人々へと、それぞれにお寄せいただいた皆様の想いとまちづくりへのご期待に、感謝と同時に身が引き締まる思いであります。

 当市は「遠野スタイルの創造・発展」を基本理念としたまちづくりを推進するため、さまざまなプロジェクトに取り組んでおります。また、「産業振興・雇用確保」と「少子化対策・子育て支援」を共通優先方針として掲げ、当市の大きな課題である人口減少に何とか歯止めをかけようと努めております。

 市の将来像である「永遠の日本のふるさと遠野」の実現に向け、皆様からの応援を力に今後一層取り組んでまいりますので、遠野市への温かいご支援を何卒よろしくお願いいたします。

 

遠野市長 本 田 敏 秋

 寄附金の状況

 これまで全国の皆様からお寄せいただいた寄附の状況について、年度ごとにお知らせします。

平成24年度 [159KB pdfファイル] 

■ 平成25年度 [156KB pdfファイル] 

■ 平成26年度 [231KB pdfファイル]

■ 平成27年度   [563KB pdfファイル] 

■ 平成28年度   [562KB pdfファイル]

■ 平成29年度   [431KB pdfファイル]  

■ 平成30年度 [162KB pdfファイル] 

 

寄附使途について

 遠野市では、寄附の使い道について以下からお選びいただいています。

  

ふるさとの伝統・伝承文化を育む事業

ふるさとの自然と景観を未来に継承する事業

ふるさとの活力と元気を創造する事業

遠野わらすっこプラン事業

寄附者の意向に沿った事業

市長におまかせ

 

 「5 寄附者の意向に沿った事業」では、寄附の使い道についてご希望の内容をご指定いただけます。

  ご寄附に際して個別をご指定いただけますので、申し出にご記載ください。

  また、現在以下の個別事業についてご寄附募集しています。

 

 ①「曲り家千葉家」世紀の大修理

[寄付者の意向に沿った事業]「曲り家千葉家」世紀の大修理

 

 千葉家住宅は、江戸時代の飢饉の時に、地域の人々を救済するために約10年の歳月をかけて普請したと伝えられる上層農家の屋敷です。
 人と馬が一つ屋根の下に暮らす「南部曲り家」の代表的な存在として古くから遠野の里を見守り続けてきました。
 築180年が経過して、建物の傷みが激しく、石垣のはらみ、盛り土の沈下などが進行していたため、遠野市が「世紀の大修理」を行っています。
 長期に及ぶ修理事業では、地域住民や専門家が一緒になってワークショップやフィールドワーク、研修会なども開催。
 国指定重要文化財千葉家住宅の永久的保護と、地域活性化に資する活用を図っていくための活動をしています。

 石垣の上にそびえる小城のような姿が、遠野を訪れる多くの人々を惹きつけ、遠野のシンボルとして親しまれてきた千葉家。
 100年先へとこの姿を伝えるため、皆様の応援をどうぞよろしくお願いいたします。

  国指定重要文化財千葉家住宅(南部曲り家千葉家)の保存整備について詳しくは… 重要文化財千葉家住宅(南部曲り家千葉家)の保存整備

 

 

 

 ②ビールの里プロジェクト

[寄付者の意向に沿った事業]ビールの里プロジェクト

 ビールの味の決め手といわれる「ホップ」。専門店が増え注目が増すクラフトビールの盛り上がりと併せ、国産ホップの価値が高まっています。
 遠野市では冷涼な気候を生かして、半世紀以上にわたり国産ホップを作り続けてきました。しかし近年は高齢化と後継者不足により生産者が減少し、危機的な状況になっています。

 ビールの里構想は、国産ホップを将来にわたって生産できる体制をつくり、地域活性化を目指そうとするプロジェクト。
 地元の大切な資産であるホップを最大限に活用し、ビールにまつわるすべてを元気なまちづくりと未来へつないでいこうとする取り組みです。
 「ホップの里からビールの里へ」というビジョンのもと、56年間国産ホップを作り続けてきた生産者、遠野産ホップのブランディングとまちづくりをサポートするKIRIN、就農や起業をサポートする遠野市、遠野産クラフトビールを醸造するブルワリー、ホップ畑が身近な生活を送るまちの住民や地域の子供たちと、多くの関わりからプロジェクトがスタートしています。

 ぜひこの取り組みに、ビールファン・遠野ファンはじめ多くの皆さまにも参加していただき、皆さまの「乾杯」を遠野と国産ホップの未来へとつなげていただきますよう、「ビールの里プロジェクト」への応援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 ③遠野納涼花火まつり

 

 [寄付者の意向に沿った事業]遠野納涼花火まつり

 

 

 遠野の夏の風物詩「遠野納涼花火まつり」を応援!
 遠野の短い夏を惜しむ風物詩として開催される花火まつり。遠野に住む人、ふるさとに帰ってくる人だけでなく、当地を訪れる多くの旅人をも郷愁に誘うイベントです。
 早瀬川の河川敷にあるグラウンドを会場に約5,000発の花火が夜空を彩り、その音は遠野盆地に響きわたります。空と水面で七色に輝く光と、山々にこだまする音が創り出す臨場感は迫力満点。
次代を担う地域の若者をはじめ多くの市民が運営に携わる遠野の夏まつりへの応援をよろしくお願いいたします。