世界的建築家の安藤忠雄氏は、被災した子どもたちのため、東日本大震災直後に「桃・柿育英会東日本大震災遺児育英資金」を設立し、全国から寄付を募り、現在も遺児や孤児の支援活動に力を尽くされています。

 子どもたちの笑顔には、私たち誰もが大いに元気づけられます。

 安藤忠雄氏は、「東北復興のシンボルは、子どもたちの未来である」と提唱しています。

 

 この度、その思いを受け止め震災からの復興と子どもたちの未来のため、私たちがこれから何をすべきかを考える機会として、安藤忠雄氏による講演会を開催します。

 

1 日  時  令和元年8月27日(火) 18:00~19:10(17:30開場)

2 場  所  あえりあ遠野 2階「交流ホール」

        (遠野市新町1-10 TEL 0198-60-1700)

3 演  題  「遠野市から 地方都市の可能性を考える」

4 参  加  費  無料(定員500名 事前申込必要)

5 申込方法  FAX(添付申込み用紙によりFAXで申込ください)

        申込用紙:申込FAX用紙.pdf [45KB pdfファイル] 

        申込先:0198-62-2148(申込受付中)        

 

6 開催案内  開催案内 [7579KB pdfファイル]