国では、平成30年の豪雨、台風、大雪被害等の多発と被害拡大を踏まえ、老朽化等により十分な耐候性のなく対策が必要な農業用ハウスの補強や防風ネット等の設置を支援しています。

 平成31年度の事業実施について要望調査を行いますので、希望する方は下記に留意の上、必要書類を提出してください。

 

【事業の概要】

◆対象施設

 既存のパイプハウスで、次の全てに該当するもの。

 ①今後10年以上の利用が見込まれること。

 ②園芸施設共済または民間の保険のいずれかに加入していること。

◆補助内容

 台風・大雪等によるハウスへの被害を軽減するための対策。

 なお、既存のフィルムの張替やパイプ等の交換は対象外。

 例)①筋交い等によるハウス本体の補強

   ②防風ネットの設置

   ③融雪装置等の設置

   ※具体的な補助対象例はこちらを参照 ⇒

◆補助率

 対象経費の1/2

◆留意事項

 国からの事業承認された場合に予算の範囲内で交付されるものであり、必ずしも補助金が交付されるとは限りません。

 また、既に着手(着工)しているものは対象外となります。

 

 

【要望の提出】

◆提出書類

 (1)ハウスの位置図(住宅地図で可)

 (2)見積書(実施するハウスの棟数、大きさ、補強内容が明記されていること)

 (3)加入している園芸施設共済または保険の証書

◆提出先

 遠野市役所本庁舎2階 産業部農林課

◆提出期限

 2019年5月8日(水)

◆その他

 提出時に印鑑をご持参ください。