野生きのこ類や山菜等の放射性物質影響対策

放射性物質影響対策

 国や岩手県、遠野市の取組みをご覧いただけます。

 ○農林水産省 放射性物質の基礎知識
 ○厚生労働省 食べものと放射性物質のはなし
 ○消費者庁 食品と放射能Q&A
 ○岩手県 放射性物質影響防止のための農作物生産管理マニュアル

検査結果の公表

 各都県では、県内に自生する野生きのこについて、これまでの検査結果を参考として、発生状況を確認しながら、すみやかに採取検査を行うこととしており、その検査の結果は、国や県のホームページで随時お知らせしています。

 検査の結果食品の基準値(100 Bq/kg)を超過した場合には、県が直ちに市町村に対し出荷自粛の要請を行います。その後、周辺地域でも検査を行い、地域的な広がりが確認された場合には、国が出荷制限の指示を行います。 

 ○厚生労働省 月別検査結果
 ○農林水産省 農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
 ○林野庁 野生きのこの採取にあたっての留意点
  きのこや山菜の出荷制限等の状況
 ○岩手県 野生きのこを採られる際に注意していただきたいこと
  県産農林水産物の出荷自粛等の状況
  きのこや山菜の出荷制限等の状況

 

 

遠野市内の放射線情報

 遠野市の放射性物質などに対する取り組みや、出荷制限指示、出荷及び採取の自粛要請の状況を確認できます。詳しくは、こちらへ。

 

遠野市産直連絡協議会の取組み

 遠野市産直連絡協議会では、放射性物質影響対策に係る研修会を開催しています。

 (平成27年度は、きのこ類の出荷規制と制限解除をテーマに研修しました。) 

 また、平成27年度は、岩手県の野生きのこ(マツタケ)への放射性セシウム移行調査に協力しています。