遠野市水道事業経営戦略について

 遠野市水道事業では、人口減少等による料金収入が減少する傾向にある一方で、昭和53年度から昭和56年度まで実施した第1次拡張事業により整備した施設や管路の法定耐用年数が間もなく経過します。この第1次拡張事業に整備した施設や管路の更新には多大な費用が必要になることが見込まれます。

 このような状況の中、水道施設等の計画的な更新を効果的に進めるためには、これからどのくらい投資の費用がかかるのか(投資試算)とその投資の財源をどうするのか(財源試算)を均衡させる必要があります。

 このたび、中長期的な視点に立った投資試算と財源試算を均衡させた収支計画(遠野市水道事業経営戦略)を策定しました。

 

 遠野市水道事業経営戦略 [3437KB pdfファイル]