私たちの要望は請願・陳情をとおして

 請願や陳情は、直接請求とは異なりますが、私たち市民が市政に望むこと、実行してほしいことを市議会に直接訴える制度です。請願や陳情は、誰でも出すことができる大事な権利です。請願が提出されますと、その内容が妥当であり、施策に反映されるべきであると判断した場合は採択し、そうでない場合は不採択とします。採択された請願は、市長や教育委員会など関係機関に送り、その実現を要望します。なお、請願を出された代表者には、市議会の審査結果をお知らせします。陳情は写しが議員に配布されることになります。


請願・陳情の提出方法

 遠野市議会では、請願・陳情の提出は、議会招集日の4日前を期限としています。ただし、会期が長期にわたる場合は、最終委員会の4日前としています。従って、これ以降に提出された場合は次の定例会で審議することになります。
 なお、請願は紹介議員を必要とし、陳情は紹介議員を必要としないとの違いはあります。

  1. 請願(陳情)書は、その要旨、理由を簡単に、わかりやすく書いて議会議長あてに2通提出してください。内容が2項目以上にわたるときは、それぞれ別個に作成してください。
  2. 提出の年月日、提出者の住所・氏名を書いて押印が必要です。(法人の場合は、代表者の住所・氏名が必要です。)
  3. 請願書には、紹介議員1名以上の署名又は記名・押印を受けてください。
  4. 受理した請願(陳情)の議決結果は、提出者にお知らせいたします。
  5. できるだけ参考資料や地図等を添付してください。

(表紙)

 

 

 

  ○○○○○に関する請願(陳情)書

紹介議員 氏 名    印

 

 



(内容)

年 月 日

遠野市議会議長(氏名)殿

請願(陳情)者の住所 

氏 名    印 

○○○○○について請願(陳情)

(要旨)

(理由)