市議会議員は市民の代表

 私たちの日常生活の身近な問題は、私たち自身で考え、話し合い、解決をしていくことが大切です。しかし、一堂に会して話し合いをしたり、物事を決めたりすることは、大変むずかしいことです。そこで、私たち市民の代表として市議会議員を選び、その方々に私たちの生活に関わる遠野市の方向を決める大変重要な役割を託します。


 

地方自治と議会

 少し、専門的な話しになりますが、憲法には地方自治の基礎である住民の意思を決定する議決機関として、議会を置くことが定められています。遠野市議会は、およそ2万9千人の市民の要望や意見を聞き、遠野市の行政に反映させていきます。このことが遠野市議会の基本的な使命となっています。


 

市議会と市長の関係

 市議会は、私たち市民の代表である議員で構成され、市民の生活に関わる重要な事項を決めています。このために、市議会は議決機関と呼ばれます。一方、市長は、市議会で決めたことに基づいて、市の事業を進めていきますので、執行機関と呼ばれます。市議会と市長は、お互いに独立した立場からけん制と調和を図る、いわば車の両輪関係であり、より住み良い遠野市の実現を目指して努力します。


 

議長と副議長の役割

 議長と副議長は、議員の中から選挙によって選ばれます。議長は、対外的に議会を代表するとともに、本会議の主宰者として、会議の円滑な運営や議場の秩序維持に努めます。また、議会事務局の職員の指揮監督をして、議事日程の作成やその他の議会事務を執らせます。副議長は、議長に病気などの事故があるときや、議長が欠けたときに職務を代行します。


 

議会の仕事

 市議会の仕事で、重要でしかも代表的なものは、市長や議員から提出された議案などを審議して、その可否を決めることです。これを議決といいます。議会で決める事項は法律で定められており、市の仕事で重要なものは、ほとんど市議会の議決が必要です。その主なものは、次のとおりです。      
 

  • 条例を制定したり、改正または廃止すること。
  • 予算を定めたり、決算を認定すること。
  • 市の税金に関すること。
  • 使用料や手数料に関すること。
  • 予定価格1億5千万円以上の工事や物をつくる契約を締結すること。
  • 財産を信託すること。
  • 予定価格2,000万円以上の財産の取得や処分をすること。(土地は、5,000m2以上)
  • 負担付きの寄附や贈与を受けること。
  • 法律や政令または条例で決めていることを除いて、市の権利を放棄すること。
  • 重要な公の設備を長期間、独占的に利用させること。
  • 市が、訴えや、和解などをすること。



 

選挙・選任と同意

 市議会は議長や副議長を選挙し、常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の委員を選任します。
 市長から提出される副市長、教育委員、監査委員など重要な人事案件について同意するかどうかを決めます。また、選挙管理委員や議会選出の農業委員などを選挙して決めます。


 

市政のための調査・検査と監査

 市政が正しく運営されているかどうかを調査したり、事務の執行状況や出納の検査をすることも市議会の大切な仕事のひとつです。さらに、監査委員に専門的な監査を求め、その結果を報告してもらうこともできます。本会議で質問を行うこと、委員会で報告を受けたり、質問を行うことでも市政をチエックしています。


 

議案の発案権

 議員は、議会の議決事項に関し自ら議案を提出できる権限を持っています。これを発案権といいます。しかし、議案の中には、予算案など議員に発案権のない事項もあります。


 

意見書の提出

 私たち市民の生活に関わる身近な問題でも、それが国や岩手県などの仕事であるため、市だけでは解決できない諸問題があります。このようなとき、市議会では、市議会の意見を意見書や要望書として国や岩手県などに提出し、問題点の積極的な解決を求めていきます。


 

請願や陳情の審査

 請願や陳情は、私たち市民の要望や意見を、国や県、市の政治や行政に反映させようとする役割を持っています。市議会では、私たち市民の要望などを請願書や陳情書として受付け、これらの審査を行います。審査の結果、その内容が妥当で施策に反映させるべきであると判断した場合は採択し、そうでない場合は不採択とします。採択されたものは、市長、教育委員会やその他の関係機関に送り、その実現を要望します。請願や陳情を出された人には、市議会の審査結果を通知しています。
 なお、請願や陳情の提出方法については、「請願と陳情」で説明してありますのでご参照ください。