教育委員会の組織について

 教育委員会は、地方教育行政をつかさどる地方公共団体の執行機関として、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)に基づき、地方公共団体の長から独立して設置されています。

 平成26年6月に同法が改正され、教育の政治的中立性、継続性・安定性を確保しつつ、地方教育行政における責任体制がより明確化された、新たな教育委員会制度(以下「新制度」といいます。)が平成27年4月1日から施行されており、遠野市教育委員会では、平成28年4月1日から新制度に移行しました。
 
 新制度における教育委員会は、教育長(1名)と委員(4名)の計5名で組織する、合議体の執行機関です。

教育長について

 新制度における教育長は、教育委員会の代表者として、教育委員会の会議を主宰し、教育委員会事務局の指揮監督を行います。

 法改正前の教育委員会制度における委員長(教育委員会の会議を主宰し、教育委員会を代表する)の職務と、教育長(教育委員会の権限に属するすべての事務をつかさどり、教育委員会の事務局を統括し、所属の職員を指揮監督する)の職務を行う者として、教育行政における責任者としての役割がより明確化されています。 

 教育長は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、人格が高潔で、教育行政に関し識見を有するもののうちから、市長が議会の同意を得て任命します。(任期は3年です。)

氏名 任期
中浜 艶子
(なかはま つやこ)
平成28年4月1日から 平成31年3月31日まで

教育委員会の委員について

 教育委員会の委員は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定により、人格が高潔で、教育、学術及び文化に関し識見を有するもののうちから、市長が議会の同意を得て任命します。(任期は4年です。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とされています。)

 また、教育長に事故があるとき、又は教育長が欠けたときは、あらかじめその指名する委員が、その職務を行うこととされています。

氏名 任期
角田 直樹
(かくた なおき)
平成28年11月26日から 平成32年11月25日まで
千田 由美子
(ちだ ゆみこ)
平成27年11月26日から 平成31年11月25日まで
菊池 崇
(きくち たかし)
平成28年4月1日から 平成32年3月31日まで
菊池 和子
(きくち かずこ)
平成28年6月17日から 平成30年11月25日まで


 ※委員のうち、保護者であるものは2名です。

(平成28年11月26日現在)