市では平成25年9月、『3.11東日本大震災 遠野市後方支援活動検証記録誌』(A4判・343頁、フルカラー)を発行しました。

 東日本大震災において、本市が官民一体となって取り組んだ沿岸被災地後方支援活動の記録と、遠野市後方支援活動検証委員会により検証した活動における成果や課題などを記録誌としてまとめ、全国に広く紹介するとともに、多くの人たちの「記憶」「思い」「足跡」を確かな「記録」として後世につなぐことを目的に発行したものです。

 ※掲載内容のイメージは、チラシ [4202KB pdfファイル] をご覧ください。

 目次内容

  

項目

第1章 東日本大震災発災と初動

①地震発生からの災害対策本部の動き、②市民の安全確保、③全国各地からの救援部隊集結、④被災地からのSOS

第2章 遠野市内の被害状況

①被害状況と被害額、②本庁舎中央館の被害、③燃料不足に伴う市内の状況、④断水に伴う給水活動

第3章 生かされた訓練

①三陸地域地震災害後方支援拠点施設整備推進協議会の設立、②平成19年度岩手県総合防災訓練、③陸上自衛隊東北方面隊震災対処訓練~みちのくALERT2008~、④その他の訓練

第4章 東日本大震災における遠野市の後方支援活動

①災害対策本部の体制と活動、②情報通信、③庁内の情報共有、④避難者受け入れと避難所運営、⑤炊き出し活動、⑥医療・保健活動、⑦衛生活動、⑧給水活動、⑨市民および被災地行方不明者の安否確認、⑩物資の受け入れおよび供給と物資センターの運営、⑪燃料確保、⑫広報活動、⑬災害ボランティアセンターの設置と運営、⑭被災地への人的支援、⑮入浴支援、⑯遺体安置所の設置、⑰応急仮設住宅、⑱市内避難者の把握と支援体制、⑲自衛隊・警察隊・消防隊受け入れ、⑳県外自治体の支援隊受け入れ、㉑集会所における支援隊受け入れ、㉒自治体間の水平連携

第5章 変わりゆく支援活動、変わらない思い

①東日本大震災・後方支援の集い、②縁がつなぐ後方支援プロジェクト、③市地域防災計画の見直し、④語り継ぐ後方支援

第6章 後方支援活動の背景

①地理的背景、②歴史的背景、③遠野スタイルのまちづくり

第7章 遠野市沿岸被災地後方支援1,089時間の記録

東日本大震災に伴う出来事と行政対応タイムライン

 主な配布先

 これまでに支援いただいた全国の自治体、企業、関係機関・団体・個人、岩手県、県内市町村、市内の関係機関・団体、寄稿者、取材協力者 等

 販売について

 希望者への販売を行います。定価は2,160円(税込)で、メール又はFAXでお申込みいただくか、遠野市内の取扱店で販売しています。なお、メール・FAXで申込みされる場合、別途送料がかかります。

 ■メールによる申込み

 メールの件名を「記録誌購入申込み」とし、①郵便番号、②住所、③氏名(法人・団体等の場合は、法人・団体名及び所属部署等を表記)、④電話番号、⑤申込冊数-を明記の上、申込み専用メールアドレス(kirokushi@city.tono.iwate.jp)あてにメールを送信ください。

 ■FAXによる申込み

 購入申込書 [717KB pdfファイル] を印刷し、必要事項を記入の上、市総務部防災危機管理課(FAX 0198-62-3047)あてにFAXを送信ください。

 (申込み販売の場合の留意事項)

  ※1 発送手続きは、(社)遠野ふるさと公社(℡ 0198-62-0222)が担当します。

  ※2 お支払方法等は、商品の発送と合わせて遠野ふるさと公社よりご案内いたします。

  ※3 お届けまでに多少日数をいただく場合があります。

 

 ■店頭販売

 遠野市内の取扱店は、①道の駅遠野風の丘(遠野市綾織町新里8-2-1)、②内田書店とぴあ店(遠野市新穀町1-11)、③旅の蔵遠野(遠野市新穀町5-8)、④あえりあ遠野(遠野市新町1-10)の4ヵ所です。