平成29年度 夏のドキドキ・土器作り体験教室を開催します!

今から4500年前、私たちの住む町に暮らしていた縄文時代の人々。その人々が作っていた縄文土器。

縄文土器作りを通して、遠いご先祖、縄文時代の人々の気持ちを知ろう!

土器作りに興味を持ってたけど、今まで機会が無かったという方も、この機会にぜひ作ってみませんか。

1 日時   成形     平成29年7月8日(土)9:00~12:30

       焼成     平成29年8月5日(土)9:00~19:00

       土器受け渡し 平成29年8月7日(日)9:00~12:00 

2 場所  成形 遠野まちなか・ドキ・土器館(遠野市新町5-3)

      焼成 旧綾織小学校校庭(遠野市綾織町下綾織12地割48-4)

3 参加料 無料

4 定員  20名

5 対象  小学生以上、大人もOK

6 申し込み 住所・氏名・電話番号・学年を市文化課文化遺産係(電話番号:0198-62-2340 FAX番号:0198-62-5758)

7 締め切り 平成29年7月5日(水)※定員になり次第締め切ります。

平成28年度 ミニ企画展 ひな祭り展のお知らせ ※終了しました。

遠野まちなか・ドキ・土器館では、例年「遠野町家のひな祭り」に合わせて所蔵しているひな人形を展示しています。

今年は、その展示に合わせ、遠野市出土の土偶を展示しております。

ひな祭りの源流は、縄文時代の土偶にあるのか。ぜひ、昔の人がどういった思いで作ったのか、実物を見て考えてみて下さい。

17022301.jpg [332KB jpgファイル] 

遠野まちなか・ドキ・土器館では、「遠野町家のひな祭り」の後の2週間も延長して展示しております。

行きたかったけど、機会を逃したといった方も、ひな祭りの雰囲気を、味わいにいらして下さい。

 

会場風景① ひな壇

 

会場風景② 写真左奥 遠野市出土土偶のミニ展示

平成28年度 冬休み!ドキドキ勾玉作り教室の開催について

1月9日の成人の日に、勾玉作り教室を開催しました。今回は、午前の部と午後の部に分けて開催し、82名に参加頂きました。

勾玉は、縄文時代から奈良時代ころ(今から1万年前~1,300年前)までの身分の高い人たちが身に付けていたアクセサリーです。

遠野市内では、奈良時代の高瀬Ⅰ遺跡(松崎町)で発見されています。この勾玉の独特な形は、縄文時代の耳飾りがもとになっていると言われています。

日本神話には、三種の神器として八咫鏡(やたのかがみ)・草薙の剣(くさなぎのつるぎ)と並んで八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)が出てきます。このように、勾玉にはただの装飾品としてだけではなく、権威の象徴としての意味もありました。

そんな勾玉を作って、昔の人の気持ちを体験してみようというのが、今回の勾玉教室です。

午前の部の様子

型をあてて勾玉の形を下書きした滑石(柔らかい石)を、ブロックにこすりつけて、大体の形を作ります。

くびれているところや、カドを紙やすりで削り丸くしていきます。

水用の紙やすりで、ピカピカに磨きます。

出来た勾玉を持って、みんなで記念撮影

 

午後の部の様子

13区のみなさんに、参加頂きました。

型をあてて勾玉の形を下書きした滑石(柔らかい石)を、ブロックにこすりつけて、大体の形を作ります。

 

くびれているところや、カドを紙やすりで削り丸くしていきます。

 

水用の紙やすりピカピカに磨きます。

 

出来た勾玉を持って、みんなで記念撮影

参加したみなさん、楽しんでもらえましたか。遠野まちなか・ドキ・土器館では、夏には土器作り教室を開催していますので、ぜひまた遊びに来てくださいね。

今回参加できなかった人も、来年はぜひ参加してみてくださいね。 (文責:佐藤 直紀)

平成28年度 冬休み!ドキドキ勾玉作り教室の開催について

 楽しみながら、古代人の気持ちになって勾玉をつくってみませんか?

 縄文時代からのアクセサリー勾玉づくりが体験できます。やわらかい石を削って形をつくり、磨いて仕上げます。作った勾玉は、当日持ち帰ることができます。勾玉は、縄文時代から現代まで、神聖なものとして作り、身に付けられてきました。遠野市内でも、奈良時代の遺跡である高瀬Ⅰ遺跡で出土しています。

1 日時   平成29年1月9日(月祝)10時00分~12時00分

2 場所   遠野まちなか・ドキ・土器館

3 参加料  300円(材料費・当日お支払ください)

4 定員   20名

5 対象   市内の小中学生とその保護者

6 申し込み 住所・氏名・電話番号・学年を市文化課文化遺産係(TEL:0198-62-2340 FAX:0198-62-5758)に電話かFAXでお知らせください。

       ※定員を超える団体でのご参加は、ご相談ください。対応できる場合もあります。

7 締め切り 平成29年1月6日(金)※募集の受付は、終了しました。

平成28年度 勾玉教室チラシ.pdf [355KB pdfファイル] 

平成28年度冬季企画展「佐比内鉄鉱山‐鉄と共に生きた人々‐」 

  伝統や昔ながらの風習を残しながらも、近代へと歩みを続けていた幕末から明治、世界遺産に登録された橋野鉄鉱山の高炉と時を同じくして、遠野市上郷‐佐比内鉄鉱山においても、高炉が造られました。幾星霜を経て溜池の底に埋もれていた高炉は、昭和56年の台風によって再び人々の目前に現れます。本展覧会では、昭和57・58年の発掘調査成果を基に、日本の高炉生産の初源期に造られ、短い期間ながらも鉄生産の歴史に軌跡を残した遠野市‐佐比内鉄鉱山の高炉跡について、佐比内鉄鉱山発掘調査時出土資料を中心にした展示を通じて解説します。

 

1 会期 平成28年11月15日(火)~3月31日(金)

2 休館日  12・1月は、土・日・月曜日、2・3月は、月曜日

3 開館時間 10時~16時

4 会場   遠野まちなか・ドキ・土器館(遠野市新町5-3)

5 観覧料  無料

 

夏のドキドキ・土器作り体験教室 

縄文土器の制作体験を通じて、郷土の歴史や文化に関心を持ってもらうため、土器作り体験教室を開催しました。

講師に、遠野市の美術グループ「トオヌップ」の菊池健次先生をお迎えしました。

今回は、粘土の紐を積み上げる和積み方を使って、作っていきます。

①粘土の塊から、必要な大きさを切り出します。

②底を作り、その上に粘土紐を積んでいきます。

作品が出来上がりました。

出来上がった作品は、4週間寝かして、ゆっくりと乾燥させます。

そして、野焼きの日を迎えました。

①土で塀を作り、熱が逃げないようにします。

②地面を乾燥させるための空焚きをします。

③作品を並べます。今回は、中央をドーナツ状にあけて配置しました。

④土器を乾燥させるために、たき口(通気口)で薪を燃やします。

⑤徐々に火の勢いを強めつつ、何度か焼く「あぶり」を行います。

⑥土器の上で薪を燃やす「焼き」を行います。仕上げの火入れです。

⑦火が消えたら、そのまま一晩おき、作品を徐々に冷まします。

⑧焼き場から作品を出し、作品の状態を確認します。

土器作り体験は、毎年夏に開催しています。興味をお持ちになった方は、ぜひ来年ご参加下さいね。(文責:佐藤 直紀)

 

勾玉作り体験 

綾織小学校の5年生の学年行事として、勾玉作り体験を行いました。

勾玉は、遠野市内では、奈良時代の高瀬Ⅰ遺跡(松崎町)から発見されています。

今回は、滑石を使って勾玉を作りました。

①調度いい大きさの滑石の上に型を当てて、勾玉の形を書きます。

②コンクリートブロックにこすり大体の形をつくります。

③紙やすりで形を整えます。

④水用の紙やすりで磨いてしあげます。

出来上がった勾玉を持って、記念撮影。

また、挑戦しに来て下さいね。

ドキ土器館では、学年行事での体験も受け付けていますので、お気軽にご連絡下さい。(文責:佐藤 直紀)

夏の!ドキドキ土器作り教室を開催します ※終了しました。

今から4500年前、私たちの住む町に暮らしていた縄文時代の人々。その人々が作っていた縄文土器。

縄文土器作りを通して、遠いご先祖、縄文時代の人々の気持ちを知ろう!

1 日時   成形     平成28年7月9日(土)9:00~12:30

       焼成     平成28年8月6日(土)9:00~19:00

       土器受け渡し 平成28年8月7日(日)9:00~12:00 

2 場所  成形 遠野まちなか・ドキ・土器館(遠野市新町5-3)

      焼成 旧綾織小学校校庭(遠野市綾織町下綾織12地割48-4)

3 参加料 500円(当日お支払下さい)

4 定員  20名

5 対象  小学生以上、大人もOK

6 申し込み 住所・氏名・電話番号・学年を市文化課文化遺産係(電話番号:0198-62-2340 FAX番号:0198-62-5758)

7 締め切り 平成28年6月28日(火)※定員になり次第締め切ります。

土器作りポスター  

「懐かしの写真展 冨山弘毅氏撮影 SLが走っていた頃の遠野」を開催しています

 遠野出身で大阪府在住の冨山弘毅氏が、約50年前の遠野の風景や人物を撮影した写真約50点を展示します。

 50年前の遠野にはいつもSLが走っていました。その頃を知ってる方は懐かしく感じ、知らない若い方は新鮮に映る、今とは違う遠野の世界にタイムスリップしてみませんか。

1 期間   通年

2 休館日  月曜日(12月~1月は土日祝日及び年末年始も休館)

3 開館時間 10時~16時

4 会場   遠野まちなか・ドキ・土器館(遠野市新町5-3)

5 観覧料  無料

SL写真展ポスター

20130420-084756.pdf [277KB pdfファイル] 

  

施設概要

印象的な町家風の外観で、木の温もりを活かしたモダンな雰囲気の館内には、遠野市内で出土した土器や石器などの考古資料、遠野のまちなかの昔の写真などが展示されており、それらを眺めながら地元の人たちと語らうこともできます。無料休憩場所としても利用でき、気軽に立ち寄れる展示館です。

施設利用案内

住所

〒028-0524

岩手県遠野市新町5-3  

地図→http://mappage.jp/dtl/A42list.php?KanriNo=03208S250058&mode=md

TEL 0198-62-7820

交通手段

遠野駅から徒歩約10分

開館時間 10時~16時
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日休館)、年末年始、12月から1月は土日祝も休館
入場料 無料
駐車場 有 3台 満車の場合は市民センター駐車場をご利用下さい。

パンフレット

dokidokikan.pdf [3372KB pdfファイル]