遠野市では、遠野市防犯協会連合会(会長:遠野市長)を中心に、「安全・安心なまちづくり社会」の実現を図るため、
遠野警察署や市内各町の防犯協会をはじめ、防犯関係機関・団体等と連携して地域の防犯活動に取り組んでいます。

遠野市防犯協会連合会の運営重点
遠野市防犯協会連合会では、次の5点を平成29年度の運営重点として活動します。
 1 身近な犯罪防止対策の推進
 2 少年の非行防止と健全育成活動の推進
 3 女性と子どもを守る活動の推進
 4 住宅や乗り物を対象とした鍵かけ運動の推進
 5 暴力団追放意識の高揚と暴力団追放運動の強化
 
住民参加の地域安全運動
全国的な防犯強化運動期間に連動し、住民参加の出発式や街頭啓発活動等に取り組みます。
 春の地域安全運動 4月6日~4月15日
 全国地域安全運動 10月11日~10月20日
 年末年始地域安全運動 12月15日~1月3日
 
自転車盗難防止モデル校の指定
平成29年度は、遠野高校を「自転車盗難防止モデル校」として指定し、
自転車の盗難防止に対する意識啓発を図ります。
 
鍵かけ運動モデル地区の指定
住宅等の鍵かけ励行促進の一環として、遠野第5区(一日市地区)を平成29年度の「鍵かけモデル地区」として指定し、
区内全戸に鍵かけを呼びかけるステッカーを配布して玄関等への掲示を呼びかけます。
 
各種広報啓発活動の推進
市内全戸に配布する地域安全ニュースをはじめ、各種広報誌等を通じて住民の防犯意識の高揚や犯罪被害の防止を図ります。