2通りの方法があります。

  1. 現金書留による方法
    書籍代金分の現金と郵送料分の切手をお送りください。
  2. 郵便為替による方法
    書籍代金分の郵便小為替と郵送料分の切手をお送りください。


書籍代金と郵送料分の切手と、購入を希望する書籍名を明記したメモを同封の上、下記住所までお送りください。

送料について

書籍の重さによって、発送方法が変わります。

  1.  3000g以内の場合、ゆうメールでの発送になります。 

~150g ~250g ~500g ~1000g ~2000g ~3000g
180円切手 215円切手 300円切手 350円切手 560円切手 710円切手

     ※平成29年6月1日からの郵便料金変更に伴い、送料を変更しました。 

     ※『金取遺跡発掘調査報告書』(600g)はゆうメール規格外での発送のため送料が450円になります。
  
  2.  3001g以上の場合、宅急便または宅配便で着払いとなります。
     書籍代金のみをお送りください。

送付先

〒028-0515

岩手県遠野市東舘町3番9号

遠野市立博物館 書籍販売係

販売書籍一覧
NO 書籍名 価格(円) 重さ( g )
1 遠野七観音 1,000 430
2 馬とくらし 1,000 260
3 柳田國男と遠野物語 1,800 300
4 南部氏と遠野 2,000 380
5 ヤマダチ―失われゆく狩りの習俗 2,000 370
6 藁のちから―一生藁の中で生きている 2,000 420
7 オシラ神の発見 2,000 400
8 供養絵額―残された家族の願い【在庫切れ】 2,000 380
9 遠野の民俗芸能―シシ・シカ・ゴンゲン 2,000 510
10 国指定史跡 綾織新田遺跡 1,000 230
11 日本のグリム 佐々木喜善 2,000 430
12 遠野、この郷の記憶~写真家・浦田穂一の世界~ 1,000 320
13 ザシキワラシ【在庫切れ】 2,000 410
14 遠野物語の100年―その誕生と評価 (平成22年度リニューアル特別展図録) 2,000 360
15 柳田國男の生涯 (平成24年度特別展図録) 1,000 290
16 佐々木喜善と宮沢賢治 (平成25年度特別展図録) 1,000 290
17 魂のゆくえ~描かれた死者たち~ (平成26年度特別展図録) 1,000 290
18 遠野物語と妖怪 (平成27年度特別展図録) 1,000 290
19 金山繁昌―黄金に魅せられた人々― (平成28年度特別展図録) 1,000 290
20 【新刊】伊能嘉矩と台湾研究(平成29年度特別展図録) 1,000 290
21 遠野の野鳥 1,000 580
22 岩崎敏夫著 柳田國男と遠野物語【在庫切れ】 600 140
23 遠野郷 宮守村の昔話【在庫切れ】 2,000 590
24 宮澤賢治と遠野【在庫切れ】 500 190
25 伊能嘉矩氏と台湾研究 300 90
26 雪高き閉伊の遠野の物語せよ 1,000 310
27 遠野遺産(平成20年度版) 100 50 
28 遠野遺産(平成21年度版) 100 50
29 遠野遺産(平成22年度版) 100 60
30 遠野遺産(平成23年度版) 100 60
31 遠野遺産(平成24年度版) 200 110
32 遠野遺産(平成25年度版) 200 110
33 遠野遺産(平成26年度版) 200 110
34 遠野遺産(平成27年度版) 200 110
35 【新刊】遠野遺産(平成28年度版) 200 110
36 遠野市の指定文化財 500 290
37 天然記念物 1,000 140
38 遠野郷青笹しし踊り 1,500 370
39 大洞カルスト 600 110
40 遠野市洞穴調査報告書 1,000 210
41 遠野市附馬牛東禅寺跡発掘調査報告 1,000 170
42 金取遺跡発掘調査報告書 1,500 600
43 高瀬Ⅰ・Ⅱ遺跡発掘調査報告書 2,000 1,100
44 鍋倉城二の丸跡第2次発掘調査報告書 1,000 270
45 鍋倉城本丸跡発掘調査報告書 2,500 700
46 とおの 創刊号 500 100
47 遠野郷史料集2 1,000 200
48 遠野郷史料集3 1,000 200
49 博物館講座講義集1 1,000 240
50 博物館講座講義集2 1,000 240
51 博物館講座講義集3 1,000 180
52 博物館講座講義集4 1,000 230
53 博物館講座講義集5 1,000 380
54 博物館講座講義集6【在庫切れ】 1,000 400
55 宮守村 巨樹・名木写真集 1,000 190
56 「『遠野物語』を学ぶ市民講座」講演記録集 1,000 280
57 遠野ノート 200 50
58 『遠野物語』発刊100周年記念誌 2,000 760
59 博物館常設展示パンフレット 300 70
60 遠野市植物誌 3,500 1,500
61 佐々木喜善全集1 5,000 1,700
62 佐々木喜善全集3 8,000 1,700
63 佐々木喜善全集4 15,000 1,600
遠野物語研究所発行書籍

 遠野物語研究所で発行した書籍も取り扱っております。
 博物館の書籍と一緒にご注文いただけます。
 一覧はこちら → 遠野物語研究所発行書籍一覧 [274KB pdfファイル] 

 

  PICK UP!!

NEW‼伊能嘉矩と台湾研究                                                                                                                  平成29年度夏季特別展「伊能嘉矩と台湾研究」の図録。遠野出身の人類学者、伊能嘉矩の生涯と台湾原住民の調査について紹介しています。

 

 

金山繁昌(きんざんはんじょう―黄金に魅せられた人々―
 平成28年度夏季特別展「金山繁昌―黄金に魅せられた人々―」の図録。日本の産金史や、遠野の金山などについて紹介しています。

 

 

 

 

遠野物語と妖怪
 平成27年度夏季特別展「遠野物語と妖怪」の図録。
 市内外の妖怪にまつわる資料や、「百鬼夜行図」など妖怪を描いた作品、遠野物語にまつわる妖怪の資料などを紹介しています。

 

 

図録「魂のゆくえ~描かれた死者たち~」

 

 

魂のゆくえ~描かれた死者たち~
 平成26年度夏季特別展「魂のゆくえ~描かれた死者たち~」の図録。
 死者を供養するため寺院に奉納された供養絵額や供養人形、県内の寺院が所蔵する幽霊画を紹介しています。

 

 

 

 

「遠野物語の100年」-その誕生と評価
 平成22年の遠野市立博物館リニューアルオープンと『遠野物語』発刊100周年記念事業による、第57回特別展「遠野物語の100年-その誕生と評価」の図録。
 1910年に発刊された『遠野物語』は、2010年で100周年を迎えました。著者・柳田國男と話者である遠野の人・佐々木喜善の出会い、後世の評価と現在までの広がりを実物資料のカラー写真を交えながら解説しています。

 

 

 

 

オシラ神の発見
 平成12年度第41回特別展「オシラ神の発見」の図録。
 オシラサマは、主に養蚕の神、目の神として東北地方を中心に信仰される民間信仰のひとつです。それぞれの地域にある様々なオシラサマをカラー写真とともに紹介しています。

 

 

 

 

日本のグリム 佐々木喜善
 平成16年度第49回特別展「日本のグリム 佐々木喜善」の図録。
 柳田國男に遠野の伝承を語り、『遠野物語』の成立に深く関わった佐々木喜善。金田一京助に「日本のグリム」と称された、彼の生涯と昔話研究の成果を紹介しています。

 

 

 

 

藁のちから-一生藁の中で生きている
 平成11年度第39回特別展「藁のちから-一生藁の中で生きている」の図録。
 遠野では、昔から暮らしの中に「藁」がありました。完全リサイクル可能な藁の性能について着目し、日本やアジアの藁の利用について紹介しています。

 

 

 

 

遠野、この郷の記憶~写真家・浦田穂一の世界~
 平成18年度第53回特別展「遠野、この郷の記憶~写真家・浦田穂一の世界~」の図録。
 遠野の写真家の浦田穂一氏が、遠野で撮影し続けた「ふるさとの原風景」をモノクロとカラー写真で紹介しています。

 

 

 

 

馬とくらし
 平成元年度特別展「馬とくらし」の図録。
 藩政時代の遠野は馬産地として有名でした。人々の暮らしに馬は欠かせない存在であり、また、大切な家族の一員でした。そのような遠野と馬の歴史  を、馬に関する資料とともに解説しています。  

 

 

 

南部氏と遠野
 平成8年度第33回特別展「南部氏と遠野」の図録。
 遠野の近世史に重要な位置を占めた「南部氏」の成立から幕末までの歴史と業績等を紹介します。

 

 

柳田國男と遠野物語
 平成4年度第25回特別展「柳田國男と遠野物語」の図録。
 『遠野物語』は、日本民俗学の始まりを告げる名作と言われています。その著者・柳田國男の生涯と『遠野物語』の誕生について詳しく解説しています。

柳田國男の生涯
 平成24年度夏季特別展「柳田國男の生涯~『遠野物語』から『海上の道』へ~」の図録。
 日本民俗学の創始者である柳田國男の没後50年を記念し、その生涯と功績を紹介します。

佐々木喜善と宮沢賢治
 平成25年度夏季特別展「佐々木喜善と宮沢賢治」の図録。

 『遠野物語』の話者で昔話研究の先駆者である佐々木喜善と、詩人で童話作家の宮沢賢治が亡くなって80年。ふたりの生涯と交流を紹介します。

 

お問い合わせ
文化課
電話 0198-62-2340