全ての道路管理者は、平成25年の道路法改正等を受け、平成26年7月より、「橋梁」、「トンネル」

及び「シェッド・大型カルバート、横断歩道橋、門型標識等(以下、道路付属物等)」の道路施設につ

いて、5年に1度、近接目視にて点検を実施することとしています。

 

 平成28年度は、「橋梁(跨線橋含)」153橋の点検を実施しており、その内、判定結果がⅢ以上で

あった5橋(早瀬橋、大葛橋、高木橋、暮坪第五の橋、菖蒲沢橋)について、点検結果を公表いたし

ます。

 

 H28橋梁点検結果.pdf [86KB pdfファイル]