遠野市では平成27年3月に都市計画マスタープランを策定しましたので公表します。

 1.都市計画マスタープランとは

 策定の背景等

 都市計画マスタープランは、都市計画法(昭和43年法律第100号)第18条の2第1項により「市町村の都市計画に関する基本的な方針」として定めるものとされています。また、都市計画運用指針において「社会情勢の変化に応じ、適時適切に見直しを図るもの」と規定されています。

 遠野市では平成8年に当初の都市計画マスタープランを策定しましたが、社会情勢の変化等に対応するため、平成25・26年度の2か年度に渡り見直し作業を進め、新たなまちづくりの方針として策定しましたので公表するものです。

計画の役割

   1)市民の意見を反映した具体性のあるまちの将来像を明示

 2)市都市計画についての決定及び変更の指針

 3)個々の都市計画を相互に調整する体系的な指針

計画の構成 

 第1章において遠野市の概況と課題を把握したうえで、第2章「全体構想」、第3章「地域別構想」、第4章「計画実現に向けて」の3章で計画が構成されています。詳細は下記「2.公表」よりご確認ください。

 2.公表

 都市計画マスタープランは下記よりダウンロードしてご覧ください。

 なお、概要版については製本を想定したページ設定の関係でページの順番が異なりますのでご了承願います。

 全体版及び概要版の製本冊子については都市計画課の窓口で閲覧ができます。

 希望者には全体版の貸出または概要版の提供をいたしますのでお問い合わせください。

全体版

全体版 [21553KB] 

全体版(分割)

表紙[5154KB] 

市長あいさつ・目次 [915KB] 

序章(都市計画マスタープラン改定にあたって)[887KB] 

第1章(遠野市の概況と課題) [3729KB] 

第2章(全体構想)[4586KB] 

第3章(地域別構想)[7649KB] 

第4章(計画実現に向けて)[929KB] 

資料編 [459KB] 

奥付・裏表紙 [318KB] 

概要版

概要版 [8781KB]