下水道は、大きく分けて管きょ、ポンプ場、終末処理場で構成されます。たくさんの微生物が汚水の有機物を分解して、きれいな水にして河川に戻します。

分流式の下水道マップ
画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます

1.管きょ

家庭から排出される汚水を終末処理場に運ぶ施設です。私有地内の配管は個人が設置します。

2.終末処理場

集められた汚水を浄化する施設です。残った汚泥を処理する汚泥処理設備もあります。

下水道ができると、どういうことが良くなりますか?

下水道ができると、いろいろなことが良くなります。

トイレが水洗化されます
トイレ掃除のイラスト
悪臭もなく。くみ取りの手間もなくなって衛生的になり、生活もグーンとグレードアップします。
街がきれいになります
きれいな街並みのイラスト
ドブや溝がなくなり街並みもきれいになります。また水があふれて道路が水びたしになることもなくなります。
川がきれいになります
川遊びのイラスト
今まで川に直接流されてきた汚水はすべて下水道に流れ浄化されますので、川はよみがえります。農業用水も安心です。
カやハエがいなくなります
カやハエのイラスト
雨水・汚水はすべて下水管に流れ込みますのでドブ、水たまりなどがなくなり、トイレも水洗化されるためカやハエの発生源がなくなります。

豆知識

B.O.D(生物化学的酸素要求量)
水の有機汚染指標の一つ。水がどの程度汚れているかを示す基準で、数値が高くなるほど汚れていることになります。

当市のマンホールデザイン(写真)

 ①遠野処理区 [194KB JPGファイル] 

 ②宮守処理区 [203KB JPGファイル]