効率的かつ安定的な農業経営を目指して経営改善に取り組む認定農業者及び特定農業団体等の集落営農組織(以下「担い手」といいます。)の育成・確保に取り組みます。

担い手の育成

認定農業者の方ご自身に作成していただいた経営改善計画の実現に向け、関係各機関と連携し、記帳と経理の指導や青色申告などを通じた経営管理能力の向上に向けた研修会の開催や、経営相談、農地利用集積の促進などの具体的な支援活動を推進していきます。

○集落営農組合立ち上げの促進

農業後継者等の確保が難しく、農地の保全が見込まれない経営体が多く点在している集落や、個別経営規模が比較的小さい農家が点在している集落においては、集落の農地の保全はもとより、多くの農家が水田経営所得安定対策をはじめとする各種担い手経営安定にも対応できるよう、集落営農組織を立ち上げるための活動を支援していきます。

農地の利用集積の促進

 今後の遠野の農業改革を進めるためには、担い手の育成・確保とともに農地の利用集積を促進することが重要となります。地域・集落の実態に即した農地の利用集積を進めていきます。