1 「期日前投票」とは?

 「期日前投票」とは、投票日の前であっても、投票日と同じように、投票用紙を直接投票箱に入れて投票することができるしくみです。
 なお、選挙期日前に行う投票は、選挙人名簿に登録されている市町村の選挙管理委員会で行う場合は、原則として「期日前投票」により行われますが、選挙人名簿登録地以外の市町村の選挙管理委員会や、病院、老人ホーム等で投票しようとする場合は、「不在者投票」により実施されます。

2 期日前投票を行うことができる方

 投票日の当日に、仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭等の用務があるなど、一定の事由があると見込まれる方は、期日前投票を行うことができます。
 期日前投票の際は、この一定の事由に該当すると見込まれる旨の宣誓書の提出が必要となります。

 ◆「期日前投票宣誓書」の様式はこちらです。↓

  期日前投票宣誓書 [157KB pdfファイル] 

 3 期日前投票を行うことができる期間・時間・場所

 期日前投票は、市に1箇所以上設けられる「期日前投票所」において、投票日の公示日又は告示日の翌日から投票日の前日までの午前8時30分から午後8時までの期間で行われます。
 この期間中は、休日や祝日であっても、投票することができます。
 
 期日前投票所の場所及び各期日前投票所ごとの投票期間は、選挙の都度お知らせします。 

 なお、2以上の期日前投票所を設ける場合は、そのうち1箇所の期日前投票所を除いて、投票期間の短縮や、投票所を開く時刻の繰下げ又は投票所の閉じる時刻の繰上げを行う場合があります。

4 選挙権はいつ認定される?

 期日前投票を行う日に選挙人名簿に登録され、選挙権を有していれば、期日前投票をすることができます。
 期日前投票を行った後に、他市町村に住所を移した場合や死亡等により選挙権を失った場合も、有効な投票として取り扱われます。

 なお、選挙の際に選挙人名簿に登録された方で、選挙期日には満18歳となる方が、期日前投票をしようとする日においてまだ17歳である場合は、期日前投票はできませんので、「不在者投票」を行うこととなります。

 

 

お問い合わせ先
 遠野市選挙管理委員会事務局 
  0198-62-2111(内線213)
  0198-62-0173(直通)