遠野市は、世界人類の平和と共存を願う日本国憲法の理念をもとに、核兵器の廃絶と軍縮が推進されることを希求して、「非核平和都市宣言」を提案し、平成18年6月16日、遠野市議会において全会一致で可決されました。

                  非核平和都市宣言
 
 世界の恒久平和は、人類共通の願いである。
 しかし、世界には未だに多くの核兵器が存在し、世界の平和と人類の生存に大きな脅威をもたらしている。
 我が国は、世界唯一の被爆国として、再び広島、長崎の惨禍を繰り返させてはならない。
 遠野市は、世界人類の平和と共存を願う日本国憲法の崇高な理念をもとに、非核三原則が遵守され、核兵器の廃絶と軍縮が推進されることを希求し、非核平和都市であることを宣言する。
  
  平成18年6月16日議決

                                遠  野  市

非核平和関連事業の実施

 非核平和関連事業として、平成18年から「次世代に伝える原爆パネル&写真展」を開催し、原子爆弾の被害の悲惨さを訴える写真・パネル、戦時中の資料等を展示しています。

 平成21年の開催状況(8月11日~24日)

原爆パネル展1原爆パネル展2
原爆パネル展3原爆パネル展4