◆18歳選挙権について

 平成27年6月17日に公職選挙法の一部を改正する法律が成立し、6月19日に公布されました。この改正法の成立に伴い、公職の選挙の選挙権年齢が現在の満20歳以上から満18歳以上に引下げされ、公布の日から起算して1年を経過した日(平成28年6月19日)後に行なわれる国政選挙の公示日以後に公示・告示される選挙から、満18歳以上の者が選挙権を有することとされました。

 ◆関連リンク 

  総務省ホームページ

   http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/senkyo/senkyo_nenrei/

 

◆インターネット選挙運動の解禁について

  近年におけるインターネット等の普及に鑑み、選挙運動期間における候補者に関する情報の充実、有権者の政治参加の促進等を図るため、第183回国会において公職選挙法の一部を改正する法律が成立し、平成25年4月26日に公布されました。この法律は、いわゆる「インターネット選挙運動解禁」に係るもので、平成25年5月26日から施行され、平成25年7月執行の第23回参議院議員通常選挙から適用されています。改正法案について、詳しくは下記のファイルをご確認ください。

 

  改正公職選挙法ガイドライン [255KB pdfファイル] 

  インターネット選挙運動解禁の概要 [1957KB pdfファイル] 

  ネット選挙運動チラシ [650KB PDFファイル] 

    

 ◆関連リンク

  総務省ホームページ

   www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html

◆投票所に入ることができる子ども(同伴者)の範囲拡大について

 公職選挙法の一部改正により、投票所に入ることができる子ども(同伴者)の範囲が、現行の幼児から、18歳未満の者に拡大されました。

 お子様と一緒に、お気軽に投票所へお越しください。

 なお、同伴者の入場によって混雑やけん騒等が生じ、投票所の秩序が保持できなくなるおそれがあると投票管理者が判断した場合は、投票所に入ることができませんので御注意願います。

同伴者が投票所に入るときのルール

1 投票所内で投票について選挙人と相談したり、騒いだりしないこと。

2 他の選挙人の投票をのぞき見ないこと。

3 同伴する選挙人から離れて歩き回ったり、選挙人が退出したにも関わらず投票所に不必要に留まったりしないこと。

4 同伴者が選挙人に代わって投票用紙に候補者名等を記入したり、投票箱に投票用紙を投函したりしないこと。

◆リンク

岩手県選挙管理委員会 

 ① ホームページ          http://www.pref.iwate.jp/iinkai/senkyo/index.html 

 ② Twitter(ツイッター)       twitter.com/iwateken_senkan

 ③ Facebook(フェイスブック) www.facebook.com/iwateken.senkan

 

総務省

 http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/index.html

 

公益財団法人 明るい選挙推進協会

 http://www.akaruisenkyo.or.jp/