ご挨拶

 

本田市長

 

 

 平成23年3月11日に発災した東日本大震災におきまして被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。思いを一つに一日も早い復興をお祈りいたします。

  震災では、交通、通信、エネルギーのネットワークが寸断され、これまで前提とされた手続や法律を超えたところで判断せざるを得なかった大変な状態でもありました。遠野市は沿岸被災地後方支援基地として、自衛隊、警察、消防、医療、電力、通信等、そしてボランティアなど各関係機関・団体の皆様の活動拠点となりました。また、市民の皆様にも食料など救援物資の確保・提供、避難された方々の受入れなど大変ご尽力いただきました。「津波災害が無い内陸だからこそ、果たせる役割がある」と、市民一丸となった後方支援活動を展開することができました。

 これは、友好市町村はじめ全国各地から被災地へ寄り添う気持ちと一緒に、物資やマンパワーを送り続けていただいたおかげでもあります。こうした思いをしっかりと受け止め、切れることなくその思いを届けることができました。

 市民の皆様をはじめ関係各位の皆様に対し改めて御礼申し上げます。

 

 「縁」を復興の『絆』に

 

 震災後、様々な励ましのメッセージが発信されています。その中には「ふるさと」や「絆」といったキーワードが多く見られます。

 人と人とのつながりが大切なように、自治体も全国の様々な市町村とのつながりや連携の中で成り立っています。足らざる所を補い合いながら、連携と交流の「縁」を『絆」の力に変えて新たな時代を切り拓く。ふるさとの復興に向けて、官民一体でのまちづくりを進めるため、何卒市民の皆様のご協力をお願い申し上げます。

平成24年 1月 

 遠野市長 本田 敏秋