退職者辞令交付式

 平成22年3月31日付けで退職される職員に対して、退職辞令が市長から交付されました。

(H23. 3. 31)

 

遠野市内への避難者に対する支援

 沿岸被災地から遠野市内に避難されてこられた方が400名を越え、100軒以上の個人宅でも避難者を受け入れていることから、市では遠野市内への避難者に対する物資提供を行うことを決定しました。

 この日、物資の配達を担当する職員が参集しての出発式が行われました。

(H23. 3. 30)

物資配達出発式 

岩手県警本部長来遠

 岩手県警本部長が遠野市役所を訪問しました。

(H23. 3. 27)

岩手県警本部長来遠

静岡県知事来遠

 川勝平太静岡県知事が遠野市を訪れました。

 静岡県では、遠野市に現地支援調整本部を設置するとともに、後方支援活動に取り組む遠野市に対しても、軽トラックや食糧などの支援をいただきました。

 また、遠野市役所にも職員を配置し、密接な情報交換を図り、情報を共有しながら、沿岸被災地への支援に取り組まれます。

(H23. 3. 26)

静岡県知事来遠

静岡県知事来遠

内閣府 東副大臣来遠

 内閣府の東副大臣が遠野市役所を訪問。本田市長からは、遠野市の被害状況のほか、後方支援活動の取組みについて説明されました。

(H23. 3. 25)

内閣府副大臣来遠

岩手県知事来遠

 岩手県達増知事が遠野市役所を訪問。本田市長から、早急な対策を講じるよう県に要請しました。

 達増知事は、この後稲荷下屋内運動場の物資センターの状況を視察されました。

(H23. 3. 25)

岩手県知事来遠岩手県知事来遠

沿岸被災地を視察

 この日、本田市長は沿岸被災地を視察しました。

(H23. 3. 24)

遠野市長視察(山田町)遠野市長視察(大槌町)

釜石市遠野市長視察(大船渡市)

遠野市長視察(陸前高田市)
関係機関合同会議

 関係機関合同会議を開催。本田市長から、被害状況、後方支援活動について、会議に参集した各関係機関に説明されました。

(H23. 3. 24)

関係機関合同会議

市議会臨時会

 市議会臨時会が開かれ、平成22年度補正予算が原案どおり可決されました。

 補正予算には、仮設庁舎への移転など震災関連の予算が含まれています。

 この日の会議は、市役所本庁舎中央館が全壊したため、会場を健康福祉の里に移しての開かれました。

(H23. 3. 23)

遠野市議会臨時会(H23.3.23)

遠野市議会臨時会(H23.3.23) 

武蔵野市被災地支援隊

 東京都武蔵野市から被災地支援隊として職員6名が遠野に到着しました。長年に渡る友好交流の“縁”が、太い”絆”へと変わっていったかのようです。

 翌日(3月24日)からは、被災地支援隊のみなさんも、沿岸被災委の支援活動に加わります。

 武蔵野市の皆さんのご支援に感謝いたします。

(H23. 3.23)

武蔵野市被災地支援隊

遠野馬の里視察

 地震で大きな被害を受けた遠野馬の里を視察しました。

(H23. 3. 21)

馬の里被害状況視察馬の里地震被害視察

大阪緊急消防救援隊

 震災から10日が経ち、沿岸被災地の救援・復旧に向かう機関・団体も、市内各地に拠点を設置し始めています。

 今日は、大阪緊急消防救援隊が遠野市役所を訪問。本田市長が対応しました。

(H23. 3. 20)

大阪緊急消防救援隊 

炊き出しのおにりぎり 延べ10万食を超える

 3月11日から、遠野市民のボランティアによる協力で始まった炊き出しのおにぎりが、3月20日で延べ10万食を超えました。

 また、遠野市社会福祉協議会で受付している市民ボランティア登録も500名を超えました。

 春休み中の高校生のみなさんにも、物資の仕分作業などに参加いただいております。

 沿岸被災地の後方支援に当たり、遠野市民としてできることに精いっぱい献身的な協力を頂きました皆様に感謝いたします。

(H23. 1. 20)

 

遠野市職員 被災者支援派遣隊

 大津波で被害を受けた釜石市、大船渡市、陸前高田市、大槌町へ、遠野市職員による被災者支援派遣隊を結成し、本日から派遣を開始しました。

 朝の集会で派遣隊を見送ったほか、沿岸被災地の状況を職員が共有できるように夜の集会では、派遣隊からの活動報告を聴きました。

(H23. 3. 19)

市職員被災者支援派遣隊出発式 

夜の職員集会で派遣隊の報告を聴く

大府市救援隊

 愛知県大府市から救援隊として大府市職員が到着しました。

 愛知県大府市は、平成20年に災害時相互応援協定を締結。22年には友好都市提携を結んでいます。

 大府市には、人的支援、物的支援両面から大きなご支援をいただきました。

(H23. 3. 16)

大府市救援隊

沖縄県医師会

 遠野市を拠点に救援活動に取り組む沖縄県医師会が遠野市役所西館を訪れました。

(H23. 3. 16)

沖縄県医師会

 沿岸被災地後方支援活動の状況を視察

 沿岸被災地からも避難者の受入れを行っているほか、市民ボランティアによる炊き出しも連日続いています。

 この日、本田市長は避難所や炊き出し作業の様子、また安否確認者の名簿閲覧会場のほか、物資センターとなっている稲荷下屋内運動場などを視察しました。

 沿岸被災地への後方支援活動が、市民の献身的な協力で支えられています。

 また、総合運動公園に拠点を構えている陸上自衛隊も訪問しました。

(H23. 3.16)

避難所視察(3/16)炊き出しボランティア(3/16)

物資センター(3/16)避難者名簿閲覧会場(3/16)

自衛隊訪問(3/16)

遠野テレビ出演

 大地震で停止していた電気・通信も昨晩復旧し、3月14日には、遠野テレビが市役所西館からの生中継を試みました。

 本田市長が遠野テレビを通じて市民の皆様に被害状況や市の対応を説明。この日から20日間、連日市長が遠野テレビに出演し、市民との情報共有を行いました。

(H23. 3. 14)

遠野テレビ生中継(3/14)

内閣府平野副大臣来遠

 内閣府の平野達夫副大臣が遠野市を訪れ、本田市長から遠野市の状況等説明を行いました。

(H23. 3. 13)

平野達夫内閣府副大臣来遠

遠野市防災会議

 遠野市防災会議を開催しました。

 市役所前のテントで開催された防災会議には、構成員のほか市幹部が出席。被害状況などの本田市長から説明されました。

(H23. 3. 13)

遠野市防災会議(3月13日)

災害対策本部(3月13日)

 震災から3日目。本庁舎西館で朝、晩の災害対策本部会議で情報共有を図りました。

 この日は、日本赤十字社が沿岸被災地へ向けて出発。本田市長も本庁舎前で見送りました。

 前日に続き、市の職員が大槌高校に食糧、燃料を運搬したほか、釜石市、大船渡市、陸前高田市へも食料の搬送を始めました。

 また、陸前高田の松原苑の入所者の受入要請にも対応。市内の福祉施設での受入れも始まりました。

 この日、電気と電話が復旧。災害対策本部のある市役所西館にも電気の灯りました。

(H23. 3. 13)

災害対策本部会議(3月13日)

日赤出発式(3/13)

8回目の災害対策本部会議(3/13)

災害対策本部(3月12日)

 震災翌日、市職員を召集し朝礼を実施。

 また、陸上自衛隊も遠野市に拠点を構え、津波で大きな被害を受けた沿岸被災地へ展開。

 遠野市内では、全域停電したほか、10箇所で断水が発生。住家でも瓦の落下や窓ガラス破損などの被害が発生。

 地区センターなどの市内の各避難所にも2,000人を超える市民が避難しています。

 また、津波の被害を受けた沿岸市町村の情報も徐々に入り始めました。この日の未明には大槌町の大槌高校に500人が避難しているとの情報が寄せられ、県に報告するとともに遠野市の職員が食糧や燃料を大槌高校へ搬送しました。

 遠野市役所も本庁舎中央館は使用できなくなりましたが、西館が無事なため、災害対策本部機能を市役所前駐車場のテントから西館へ移し、ここで市長が指揮を執りました。

(H23. 3. 12)

職員を召集 朝礼で訓示する市長(3/12)

自衛隊へ状況説明(3/12)

本庁舎西館へ移しての災害対策本部会議(3/12)

議員全員協議会

 大地震に伴う市の対応について、議員全員協議会で本田市長から市議会議員に説明。

 本庁舎が被害を受けたため、会場を市役所前の駐車場に設置したテントの中での開催となりました。

(H23. 3. 12)

議員全員協議会(3/12) 

災害対策本部(3月11日)

 3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震を受けて、遠野市でも震度5強を観測。

 遠野市役所本庁舎が地震で被害を受け使用ができなくなりました。また、市内で停電や断水などの被害も発生。

 遠野市では、発災と同時に災害対策本部を設置。市内全域を対象に避難勧告を発令するなど、本田市長が本部長として指揮に当たりました。

 災害対策本部会議には、陸上自衛隊、遠野警察署、東北電力、遠野郵便局も参集し、情報共有を図りました。

(H23. 3. 11)

発災直後遠野市役所前の様子(3/11)

災害対策本部の様子(3/11)
東日本大震災の発災 と 遠野市災害対策本部の設置 

 3月11日(金)14時46分頃、東北地方太平洋沖地震が発生。遠野市で震度5強を観測。その後も余震が続いています。

 また、大津波が到達するなど、沿岸被災地で甚大な被害が発生。

 遠野市では東日本大震災に係る対応として、地震発生と同時に災害対策本部を設置したほか、沿岸被災地の後方支援のため、総務部沿岸被災地後方支援室を設置しました。

(H23. 3.11~)

東日本大震災

で・くらす遠野 若者応援プロジェクト

 で・くらす遠野市民サポート会議主催による若者応援プロジェクト「旅立つキミへYell」に本田市長も出席。

 この日、歌手の川島あいさんも会場を訪れ、この春旅立つ高校生にエールを贈っていました。

(H23. 3. 5)

旅立つキミへYell

綾織小学校校舎落成記念式典

 綾織小学校校舎落成記念式典に、本田市長も出席し式辞を述べました。

(H23. 3. 5)

綾織小学校校舎落成式

平成23年 3月市議会定例会 施政方針演述

 平成23年 3月市議会定例会の開会初日、本会議場で本田市長が「遠野市長施政方針演述」を述べました。

(H23. 2. 25)

施政方針演述

遠野スタイル自立・連携行動プランの関係団体等説明会

 遠野市第三セクター等地域け英改革実行計画「遠野スタイル自立・連携行動プラン」の関係団体等説明会を開催しました。

 説明会には、第三セクター等の関係者のほか、市の第三セクター等の担当課も出席し、団体自らの経営改革の推進、団体間の連携強化のためのグループ化や有機的連携の推進などが説明されました。

 また、2月22日付けで、第三セクター等地域経営改革を推進するため「経営改革推進室」を設置しました。

 遠野市の地域経営改革は、いよいよ実行段階へと入っていきます。

(H23. 2. 22)

遠野スタイル自立・連携行動プラン関係団体等説明会

平成・南部藩「一日国替え」 … 盛岡市長(一日遠野市長)来遠

 平成・南部藩「一日国替え」で、一日遠野市長として谷藤裕明盛岡市長が来遠されました。

 一日遠野市長の谷藤市長は、遠野物語ファンタジーで本田市長と共に開演の挨拶をされました。

 一日遠野市長の動きは、こちらでご覧いただけます。

(H23. 2. 19)

平成・南部藩

平成・南部藩「一日国替え」 … 八戸市を訪問

 平成・南部藩「一日国替え」で、本田市長が八戸市を訪問しました。

(H23. 2. 17)

 

記者懇談会

 毎月定例の記者懇談会を開催し、平成23年度当初予算(案)などを公表しました。

 記者懇談会の公表資料は、こちらでご覧いただけます。

(H23. 2. 16)

記者懇談会

ICT医療フォーラム

 総務省と日経新聞社主催の「ICT医療フォーラム」に、本田市長が出演し、遠野市助産院「ねっと・ゆりかご」や、地域ICT遠野型健康増進ネットワーク事業を紹介しました。。

(H23. 2. 15)

 

健康・医療フォーラム

 朝日新聞社主催の「健康・医療フォーラム」に、本田市長が出演し、遠野市助産院「ねっと・ゆりかご」や、地域ICT遠野型健康増進ネットワーク事業を紹介しました。

(H23. 2. 12)

 

総務省 ICT地域活性化懇談会

 総務省のICT地域活性化懇談会の第1回会合に本田市長も出席しました。

 会合で、本田市長は、遠野市助産院「ねっと・ゆりかご」や地域ICT遠野型健康増進ネットワーク事業の取組みを紹介しながら、「足らざるものを補い合う取組みで、自立や安心安全なまちづくりに向けた手応えを感じている。地域のネットワーク、国内のネットワークの構築と、世界に広がるネットワークをうまく使っていくことが大事。」などと発言。

 懇談会では、今年6月までに提言をまとめていく予定です。

(H23. 2.10)

 

進化まちづくり検証委員会 第三セクター等の検証結果報告

 第10回進化まちづくり検証委員会(山田晴義委員長)から、第三セクター等の検証結果が報告されました。

 報告を受けた本田市長からは、「委員皆様のご尽力に敬意と感謝の意を表するとともに、報告を真摯に受け止め、早急に市の方針を策定し『進化し続けるまちづくり』に不退転の決意で取り組む。」とのコメントが出されました。

 進化まちづくり検証委員会 第三セクター等の検証結果報告書は、こちらでご覧いただけます。

(H23. 2. 9)

進化まちづくり検証委員会

東北農政局 6次産業化についての意見交換会

 東北農政局 6次産業化についての意見交換会に本田市長も出席しました。

 会議では、農業を取り巻く現状について議論が交わされ、本田市長からも、今後の農政のあり様について意見を述べました。

(H23. 2. 8)

 

北方領土返還要求岩手県民大会

 北方領土返還要求運動岩手県民会議主催の北方領土返還要求岩手県民大会が遠野市を会場に開催されました。

 大会には、本田市長も出席し、「北方四島の不法占拠から60年以上経過し、国民が注視する中、残念ながら具体な進展に至らず、一日も早い問題の解決と早期返還を願っている。」などと挨拶を行いました。

(H23. 2. 4)

北方領土返還要求

大野ゴム工業株式会社様からの寄附採納式

 遠野市の誘致企業の大野ゴム工業株式会社が今月創業70周年を迎え、社員互助会である大野ゴム五月会の皆様からフルリクライニング式車椅子1台、車椅子7台のご寄附をいただきました。

 寄附いただいた車椅子は、市内の福祉施設に譲渡いたしました。

(H23. 2. 3)

大野ゴム工業(株)寄附採納

市長と職員とのまちづくり懇談会

 1月25日から市長と職員とのまちづくり懇談会が行われています。

 合併・新市誕生から6年目を迎え、地域課題、行財政事情を改めて共有するとともに、市職員として自ら律する心構えなどをテーマに懇談が行われました。

(H23. 1.27)

市長と職員とのまちづくり懇談会

林業大学校構想検討委員会

 遠野市林業大学校構想検討委員会の初会合に、本田市長が出席しました。

 検討委員会では、林業大学校構想に向けた今後の検討スケジュールなどが確認されたほか、「森林技術者の育成について」森の木の技術と文化研究会の内田健一代表による講演が行われました。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

(H23. 1.26)

林業大学校構想検討委員会

岩手県市長会議

 平成23年第1回岩手県市長会議に、本田市長が出席しました。

(H23. 1.21)

岩手県市長会議

全農いわて中央家畜市場和牛市場初競り

 全農いわて中央家畜市場和牛市場初競りに、本田市長が出席しました。

(H23. 1.20)

和牛初競り

BSフジ『プライムニュース』 ゲスト出演

 BSフジ『プライムニュース』に、本田市長がゲスト出演しました。

 番組では、遠野市助産院「ねっと・ゆりかご」や、地域ICT遠野型健康増進ネットワーク事業が紹介されました。

(H23. 1.19)

 

総合計画後期基本計画等説明会

 遠野市総合計画後期基本計画等説明会が、1月から2月にかけて開催されます。

 説明会初日は、本田市長も出席し、総合計画や健全財政5ヵ年計画、中学校再編成計画などをテーマに、参加者と懇談しました。

(H23. 1.17)

総合計画説明会

県と市町村との意見交換会

 県と市町村との意見交換会に、本田市長が出席し、いわてデスティネーションキャンペーンに向けた取組の推進について、遠野市の取組状況を紹介しました。

 また、意見交換の場では「観光や農林水産業の振興に向けて、オール岩手で取組みの推進を。」と意見を述べました。

(H23. 1.11)

県と市町村との意見交換会

遠野市交通指導隊と遠野市防犯隊の初点検式

市民の安全・安心を守る遠野市交通指導隊と遠野市防犯隊の平成23年初点検式がそれぞれ行われ、本田市長も出席しました。

(H23. 1.10)

遠野市交通指導隊初点検 遠野市防犯隊初点検

平成23年成人式

平成23年成人式が、新成人のみなさんによる成人式実行委員会の主催により開催され、本田市長も出席し祝辞を述べました。

(H23. 1. 9)

成人式

平成23年遠野市消防出初式

平成23年遠野市消防出初式に、本田市長が統監として参加し、消防団のみなさんによる分列行進を観閲しました。

(H23. 1. 9)

 

平成23年遠野市消防出初式

記者懇談会

記者懇談会を開催しました。

発表資料は、こちらでご覧いただけます。

(H23. 1. 6)

記者懇談会

仕事始め式

新年あけましておめでとうございます。

2011年(平成23年)の仕事始め式で、本田市長から「想いをカタチに、縁を絆に…」と職員に訓示。また、年末年始の大雪を受けて、市内の除排雪の実施についても挨拶の中で触れながら、仕事始め式で挨拶しました。

(H23. 1. 4)

仕事始め式