平成29年度市史編さん講座「岩手三景が遠野にあった!? ~ 遠野の文化財史から ~」を開催します(終了しました)

 大正時代、岩手三景に選ばれた「ある名所」を中心に、遠野の人々が文化財を守って

きた歴史を紹介します。

・日 時 平成29年9月10日(日)13:30~15:00

・場 所 遠野市立図書館1階視聴覚ホール

・講 師 熊谷常正氏(盛岡大学教授・遠野市史編さん委員)

・参加費 無料

・定 員 50名

・申込・問い合わせ先

 遠野文化研究センター市史編さん室 TEL 0198-60-2800  FAX 0198-62-5758

 

市史編さん講座チラシ.pdf [3849KB pdfファイル] 

 

 平成29年度市史編さん講座「岩手三景が遠野にあった!? ~遠野の文化財史から~」開催報告  

 平成29年度の市史編さん講座は、遠野市史編さん委員で盛岡大学教授の熊谷常正先生を講師に

お招きし、遠野の文化財史についてお話をいただきました。

 大正13年、新聞社の企画で県内の名勝投票が行われ、読者投票により小友町の不動岩が第3位

に選ばれました。

 この出来事をテーマに、当時の時代背景をもとに郷土意識が形成され、文化財保護活動につな

がる変遷を詳しく解説していただきました。

 また、今年生誕150年を迎えた伊能嘉矩(いのうかのり)らが史跡や天然記念物などを調査し、

保護の価値を明らかにした活動なども紹介されました。

 

  

 

 

平成28年度市史編さん講座 「中世の東北と遠野」を開催します (終了しました)

 今回の講座では、平泉、鎌倉、室町時代の東北と遠野の動きを分かりやすく

解説します。

 

・日 時 平成28年7月2日(土) 13:30~15:00

・場 所 遠野市立図書館1階視聴覚ホール

・講 師 斉藤利男氏(弘前大学名誉教授・遠野市史編さん委員)

・参加費 無料

・定 員 50名

・申込・問い合わせ先

 遠野文化研究センター市史編さん室 TEL 0198-60-2800  FAX 0198-62-5758

  

 市史編さん講座チラシ.pdf [252KB pdfファイル] 

 

 平成28年度市史編さん講座「中世の東北と遠野」開催報告  

 H28年度市史編さん講座として、遠野市史編さん委員で弘前大学名誉教授の斉藤利男先生を

お招きし、「中世の東北と遠野」と題して講座を開催しました。

 講座では、湧き水、金山、馬という豊かな資源に恵まれた遠野は、奥州藤原氏時代に大開発が

行われ、中世の時代も沿岸と内陸を結ぶ交通の十字路で、文化の先進地であったことなどを詳し

く解説していただきました。これまであまり研究が進んでいなかった遠野の中世史が、市史編さ

ん事業を契機に進み、新たな発見が今後期待されます。

  

 

 

 

平成27年度市史編さん講座 「江戸時代の遠野と南部馬」を開催します(終了しました)

 市では編さん事業の一つとして、これまでの調査で明らかになった最新の情報をもとに、

遠野の歴史や文化を分かりやすく紹介する講座を開催します。

 今回の講座では、全国に知られた南部馬に注目することで、江戸時代における遠野の馬

と人の関係についてせまります。

・日 時 平成27年11月28日(土) 13:30~15:00

・場 所 遠野市立図書館1階視聴覚ホール

・講 師 兼平賢治氏(文学博士・東海大学文学部専任講師)

・参加費 無料

・定 員 50名

・申込・問い合わせ先

 遠野文化研究センター市史編さん室 TEL 0198-60-2800  FAX 0198-62-5758

市史編さん講座チラシ [174KB pdfファイル] 

 

 平成27年度市史編さん講座「江戸時代の遠野と南部馬」開催報告 

    

 H27年度市史編さん講座として、遠野市史編さん委員で東海大学講師の兼平賢治先生をお招きし、

「江戸時代の遠野と南部馬」を開催しました。

 講座では、古代から近現代までの東北の歴史と馬の関係を踏まえ、盛岡藩領が馬産地といわれた

理由やせりにかけられる馬と農耕馬の違い、馬がいかに大切にされていたか等について史料にもと

づき詳しく解説をしていただきました。

 講座終了後も、先生にご質問される方の列ができるほど、参加者の皆さんは熱心に受講されてま

した。

 

   

 


お問い合わせ

遠野文化研究センター市史編さん室

電話 0198-60-2800